用語集(か行)

か行

買掛金

買掛金とは「ツケで仕入れる」や「掛けで仕入れる」と、さまざまな呼び方がありますが、会社が取引を行う際、代金を後払いで仕入れた場合の勘定項目です。
売掛金と同じく掛取引の仕訳として使われるのが買掛金です。
買掛金は後で代金を支払う義務がある「仕入債務」で、貸借対照表の負債項目になります。
当該債務で手形がある場合は支払手形になります。そうではない場合は買掛金として区別します。

関連リンク

会計ソフト

会計ソフトとは、会計の記録や保存、処理できるアプリケーションソフトです。以前は、売掛金や見積もりなどの書類は手書きで行っていましたが会計ソフトの登場で作成管理ができるようになり、また、ネットワークを利用してデータを共有することも容易にできます。
個人で使用するときには各事アプリケーションソフトが使用します。が、性能や値段がそれぞれ異なります。

関連リンク

介護士

介護士とは、正式名称を「介護福祉士」と言い、社会福祉専門職介護に関する国家資格です。
要介護者へ『身体介助』『生活援助』、介護者の家族に対して家庭介護の相談・助言などを行います。
介護士が活躍する場所として特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者施設、病院、障害者施設など必要とされている現場は幅広くあります。
資格の取得には下記のような方法があります。
1.養成施設ルート
 特定の養成施設を卒業すると暫定で5年間有資格者となる。卒後5年以内に国家資格に合格あるいは5年連続して実務に従事する事で完全取得となる
2.実務経験ルート
 実務者研修修了、もしくは実務経験3年を満たした上で試験に合格する。
3.福祉高校系ルート
 特例高校を卒業し、9ヶ月以上の実務経験を経た上で試験に合格する。
実際の介護現場での経験や取得している資格の種類によってキャリアアップの方法も変わってきます。

関連リンク

介護支援専門員

介護支援専門員とは、介護福祉士と違い国家資格ではなく各都道府県が試験を実施している公的資格です。
介護や福祉に関する幅広い知識や経験が必要なため、資格取得の必須事項として介護・医療系の法定資格所有者で5年以上の実務経験が必要です。
介護保険法での正式名称は「介護支援専門員」ですが一般的にはケアマネジャーとして呼ばれることが多いようです。
介護保険法に規定された介護保険制度を前提としたケアマネジメント業務を行う専門職で、居宅介護支援事業所や介護保険施設などで必要とされる職種です。
居宅介護支援事業所や、様々な種類の老人施設、地域包括支援センター、在宅介護支援センターなどを主な職場とし、利用者様の要介護についての認定業務、利用者様に関してのケアプランの作成・管理業務、給付管理業務、要介護者本人・その関係者との調整・相談業務といろいろな業務があります。
お仕事の中でも、面談を随時行い現状チェックをしたうえでサービス利用者のケアプランを作り、介護方針の変更を状況に応じて策定するのも重要な仕事です。

関連リンク

介護支援専門員実務研修

介護支援専門員実務研修とは、介護支援専門員になるために、介護支援専門員実務研修受講試験を合格した方々が、介護支援専門員として都道府県に登録するために受ける、87時間の研修のことを言います。
内容は、講義、実演、実習に分かれており、これらを通して、介護支援専門員としての専門的なケアマネジメントの技術を学びます。本研修を修了し都道府県に登録後、5年以上実務に就かなかった場合には、再び同じ実務研修を受ける必要があるので注意が必要です。

関連リンク

介護職員基礎研修

介護職員基礎研修とは、2006年に創設された介護職員の専門性を高めるための研修ですが、2012年にホームヘルパー1級と本研修が同一化され、2019年現在では本研修は廃止されています。しかし、2012年以前に本研修を修了した実績は現在でも無駄になるわけではなく、実務者研修を受講するときに
・受講時間が短くなる
・受講費用が安くなる
などのメリットがあります。

関連リンク

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修とは、厚生労働省認定の公的資格です。たくさんある介護関係の資格の中で最も取得しやすい資格と言われています。
2013年にホームヘルパー2級から本資格に変更されました。大きく分けて介護の業務は、生活援助と、身体介護に別れるのですが、後者の利用者の方々の身体に直接接触する身体介護の業務をするためには、何らかの介護の資格を持っていることが必要なので、本資格を取得すると訪問介護、施設介護などで働けるようになります。本資格には受験資格が無いため誰でも受験することができます。試験内容は、介護等について130時間の講習を受け、修了後にその講習で習ったことについて1時間程の筆記試験を受験します。

関連リンク

介護福祉士

介護福祉士とは「介護士」と省略して言うことも多い社会福祉専門職介護に関する国家資格です。
要介護者へ『身体介助』『生活援助』、介護者の家族に対して家庭介護の相談・助言などを行います。
介護福祉士が活躍する場所として特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者施設、病院、障害者施設など必要とされている現場は幅広くあります。
資格の取得には下記のような方法があります。
1.養成施設ルート
 特定の養成施設を卒業すると暫定で5年間有資格者となる。卒後5年以内に国家資格に合格あるいは5年連続して実務に従事する事で完全取得となる
2.実務経験ルート
 実務者研修修了、もしくは実務経験3年を満たした上で試験に合格する。
3.福祉高校系ルート
 特例高校を卒業し、9ヶ月以上の実務経験を経た上で試験に合格する。
実際の介護現場での経験や取得している資格の種類によってキャリアアップの方法も変わってきます。

関連リンク

介護福祉士試験

介護福祉士試験とは、介護福祉士の資格を得るために合格が必要である、財団法人社会福祉振興・試験センターが実施する国家試験です。筆記試験と実技試験が、別の日に行われます。
本試験には受験資格が二つあり、・実務経験により一定の条件を満たしていること、または、・福祉系の高等学校を卒業していること、となっています。

関連リンク

介護プラン

介護プランとは「ケアプラン」と呼ばれることもあり、介護サービス利用者の状況調査及び面談を行い、どのような介護サービスを実施するのか、利用者の生活環境は向上するのか、自立を促す支援はできるのかなどの目標を決めて介護サービスの種類や回数を記載する計画書です。
介護プランの策定は、要介護認定をされた利用者が介護保険のサービスを利用開始するために満たさなければいけない条件です。
介護プランは、サービスを受ける本人、またはその家族でも作成は可能ですが、家庭内介護者が作成するプランは作成者の疲労や負担が大きく、介護保険サービスを利用すると無料で受けられる居宅介護支援があるため、介護支援専門員(ケアマネージャー)に介護プランの制作を依頼するのが主流です。
日本では介護者の増加に伴い、将来的にはAIで的確な介護プランを作れる機能開発の取組も行われています。

関連リンク

介護保険

介護保険とは、介護を必要とする方を対象(保険対象者は65歳以上の第一号被保険者、40~64歳までの第二号被保険者)に全国の市町村と東京23区に収められた保険料と税金から、介護費用を給付する保険制度です。
急速な高齢化による要介護者の増加に対して、介護が必要な状況になった場合でも生活の質は落とさず、日々を過ごせるように様々な人々の介護を日本社会がサポートすることを目的としています。
この制度によるサービスは施設サービス、居宅サービス、介護予防サービスがあります。原則1割の自己負担ですが、前年度所得に応じて負担率は2割~3割になる場合もあります。
40歳以上の日本国民は加入が義務付けられていて、介護サービスを受けられるようなっても、亡くなるまで保険料を支払うことになっています。

関連リンク

介護保険サービス

介護保険サービスとは、要介護、支援状態にある65歳以上の高齢者の方々、なおかつ40歳から64歳までの特定疾患の患者の方々が、40歳以上の国民が支払う介護保険料と国、自治体の用意する資金によって、自己負担1割で受けることのできるサービスです。

関連リンク

介護保険法

介護保険法とは、高齢者福祉について総則、被保険者、介護認定審査会、保険給付、介護支援専門員並びに事業者及び施設、地域支援事業等、介護保険事業計画、費用等、社会保険診療報酬支払基金の介護保険関係業務、国民健康保険団体連合会の介護保険事業関係業務、介護給付費等審査委員会、審査請求、雑則、罰則を扱う、全215条からなる法律を言います。
機能訓練指導員などは、この介護保険法によって定められている仕事の一つであり、介護施設などで、利用者の方々の身体機能の回復を目的としています。

関連リンク

介護老人保健施設

介護老人保健施設とは、医療のケアやリハビリを必要としている要介護状態で65歳以上の方が利用する施設です。
食事や排泄など、日常生活の行動を直接的に支援する「介助」という介護サービスを提供する施設で、基本的には自宅で生活ができるようになるためのリハビリ活動を中心に行ないます。
在宅復帰を目指すことが目標なので3~6か月の一定期間が経つと退去することが前提となります。入所費用は無料で、介護にかかる費用以外を合わせても、月にかかるコストは比較的安価です。
現状は介護状態で在宅で生活することが難しいですが、将来的には在宅で生活することを目指す人が利用します。

関連リンク

改正労働者派遣法

一般的に派遣法と呼ばれる法律です。1986年に制定されました。正式名称は「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律」です。派遣法上では、事業所が派遣社員を受け入れられる期間は最長で3年間と定められています。弱い立場になりがちな派遣労働者の権利を保護し、雇用を安定させるため2015・18・20年と立て続けに大きく法改正されました。20年の改正では政府の定める「働き方改革」に関するものが中心となっており、①派遣先の情報提供義務、②待遇差改善と情報開示義務、③同一労働同一賃金の導入、など非正規労働者である派遣社員と正社員の待遇格差改善に繋がる内容が主な改正ポイントとなっています。

関連リンク

カウンターバランス式

カウンターバランス式(フォークリフト)とは、車体前方にマスト、フォーク等の荷役装置を備え、後方に積 載荷重に釣り合わすためのウエイトを備えている動力源はエンジン(ガソリン・LPG・ディーゼル)またはバッテリー。
積載重量は0.5t~42tと幅広い用途があり、製造業から、倉庫業、屋外と、屋内と、幅が広く様々な場所で使われています。トラック等の重機に近いです。

関連リンク

拡散接合

拡散溶接とは、材料同士を溶融しない程度に加熱し圧力をかけることによって材料間の原子拡散を発生させ接合する方法。熱圧着とも言います。
接着剤を使用せず溶融しない為、精度を求められる製品や機械加工では作成出来ない複雑な形状の生産に拡散溶接は利用されています。また、拡散溶接は同種の金属だけでなくアルミニウムとステンレス鋼と言ったように異なる金属材料同士の組み合わせの接合も可能です。主に電子機器部品、半導体製造冶具、燃料電池関連部品の生産で使用されます。

関連リンク

加工プログラミング

加工プログラミングとは、産業メカニズムによるオートコントロール金属加工を言います。全般的に、コンピューターで数値を制御するNCプログラムが利用されています。本プログラムで、NCデータを制作し、本データが工作機械に加工の動作の指令を出し、自動で加工をします。NCプログラミングは、マシニングセンタ、NCフライス盤などを取り扱う会社、工場などでの仕事で使われます。

関連リンク

ガス溶接

ガス溶接とは、アセチレン、水素、LPGなどの可燃性ガスの燃焼熱で金属を加熱し接合する溶接方法です。
手溶接の一種で一般的にろう付けとも呼ばれています。アーク溶接などのように電気を必要としない為、電気の無い現場でも作業ができ、主に材料の加熱・溶融を行い溶接棒を使用しないナメ付け溶接が可能という特徴があります。熱源としては低温なので、接合する部材同士の隙間にろうと呼ばれ溶融温度の低い金属を流し込み気密性を高めることにも利用されています。その一方で、溶接部の局部的な加熱が難しく部材の溶融に時間がかかることやひずみの発生が大きいなどのデメリットなどが挙げられます。

関連リンク

ガス溶接技能者

ガス溶接技能者とは、労働安全衛生法に基づく国家資格の一つです。
財団法人日本産業技能教習協会などが、とり行う技能試験に合格することで、ガス溶接技能者としての仕事ができるようになります。
ガス溶接と言うものは、可燃性のガスを使って、手作業で行う溶接のことを言います。
ガス溶接は溶断や加熱による加工を行うことができます。建築現場、自動車関連工場といった限定された場所での使用だけでなく、ろう付けによる油圧ポンプなど気密性を求められる部品にも使われています。本国家資格には、受験資格は特に無く18歳以上なら誰でも受けることが可能です。

関連リンク

ガス溶接作業主任者

ガス溶接作業主任者とは、会社が、アセチレン溶接装置、ガス集合溶接装置を使ってガス溶接をする時、国がその会社に指名を義務付けている現場責任者です。
会社はガス溶接作業主任者が必須な仕事をする時は、根拠法が労働安全衛生法である国家資格のガス溶接作業主任者資格を確保中の従業員から指名するか、新たに確保者を従業員として雇うことが義務です。業務内容が溶接する作業方法の裁断・司令監督なので、溶接関連の資格で最重要です。受験資格は、ガス溶接技能講習の修了、ガス溶接関係の実務経験3ヶ年以上、若しくは、大学又は高専で工学又は化学に関する学科を卒業、ガス溶接関係の実務経験1年以上などがあります。

関連リンク

カスタマーセンター

カスタマーセンターとは、会社が取り扱っている物を買っていただいたお客様、または、今後お客様になるかもしれない方々の持っている疑問点などを解き明かすために、会社などが用意している機関のことを言います。この機関の中で、電話を使って問題解決を狙う機関は、コールセンターと言います。

関連リンク

家庭ごみ

家庭ゴミとは、家庭から排出されるゴミの総称です。
地域にもよりますが、ゴミの種類には「紙」「生ゴミ」「プラスチック」「びん」「金属」「小型家電」「家電」「その他」に区別されます。
各市区町村が決めた曜日ごとの収集日に分別した「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」「資源ゴミ」「粗大ゴミ」「危険ゴミ」「小型家電」「処理困難なゴミ」などに分別して回収してもらいます。
家庭ゴミを出す方法としては各市町村ごとに決められたルールがあり、各市町村が指定した回収方法で、ゴミの種類に合わせたゴミの出し方で行ないます。
地域によっては近隣住民が協力して各家庭ゴミを集め、リサイクル事業者へ持っていく「集団回収」という方法、店や生産者(メーカー)に廃棄を委託する方法があります。また、個人で各自治体のクリーンセンターに持ち込んで廃棄することもあります。

関連リンク

貨物自動車運送事業の運行管理者

貨物自動車運送事業の運行管理者とは、貨物自動車運送事業法に基づき、運行の安全を管理する業務に従事する人を指します。
仕事に就く為には国家資格の運行管理者資格を取得していることが条件です。
また、事業の許可を取得するためには必ず運行管理者の選任が必要になり会社の規模によって必要な人数も変わってきます。
30台未満は1人以上。30~59台は2人以上。それ以降は『選任者数=1+車両数÷30(小数点以下は切り捨て)』の計算式の通りになります。
主な業務として、運転者達のシフト作成、休憩・睡眠施設の保守管理、指導監督、疲労・健康状態の把握、安全運転の指示というように、業務上で安全を確保するお仕事です。
国家資格の運行管理者資格を取得する場合は、運行管理に関わる実務経験が1年以上、または自動車事故対策機構が行う基礎講習を修了すると受験資格を得られます。

関連リンク

下流工程

下流工程とは、システム開発の順番を定めた方法の一つであるウォーターフォールモデルで使う言葉であり、上流工程で決められた設計書などを基にしたプログラムの実装、さまざまなテスト、改善をし、システムを最終的に仕上げる工程のことを言います。

関連リンク

カルテ

カルテとは、医師の方々が、一人一人の患者の方々に対して、それぞれ個々に書き記していく診療記録のことを言います。

関連リンク

観光バス

観光バスとは、人々が観光をするときに用いるさまざまな種類のバスを、一般化した呼び方を言います。
大きく別けると、貸切バスと定期観光バスの二つの種類に別けることができます。貸切バスは、ある集団の貸切で利用される形式であり、例えば、学生のイベント、会社の従業員の方々の社員旅行などがあります。定期観光バスは、各バス事業者が計画したバスによる観光旅行であり、各バス事業者ごとにさまざまな観光場所が用意されています。

関連リンク

看護師

看護師とは、厚生労働大臣発行の国家資格である看護師と、都道府県知事発行の免許である准看護師の2種類、言われる業務に従事できる資格はがあります。
業務範囲の差はありませんが、准看護師は医師の指示で業務を行う必要があり、自らの判断による看護業務をやってはいけません。
双方とも主な業務としては患者の診療の補助、及び、入院生活を過ごしやすいように日常生活の介助・看護を行い、医療従事者として専門的な知識・技術に基づいて患者をケア・サポートすることです。
また、患者の心身の両面をケアし、病気の人に寄り添い心の支えになる事だけでなく、医療行為をしやすい環境作りも大切な仕事の一つです。最も多い活躍の場は病院ですが、他にも保育園や幼稚園、高齢者施設、障害者施設、企業の看護師、治験コーディネーターなど多職種での需要があります。

関連リンク

看護師資格

看護師資格とは、看護師になるための国家資格です。
受験資格は看護系の3年制の短大や大学、若しくは、病院や大学の医学部に付属する3年制看護学校を卒業することが条件です。
医療、保健、福祉と活躍の幅は広く、病気や障害のある人の療養上の補助、疾病の予防や健康維持のための指導・啓蒙の他に、医師の診察時のサポート及び、点滴や採血などの一部の医療行為が認められています。大学や3年制短大、養成所などの学校に行くことで実務経験が得られます。
また、高い水準の技能や知識を持つ看護師を認証するため日本看護協会が認定する上位資格の認定看護師資格があります。日本国の看護師免許を取得し、5年以上の実務経験(うち3年は認定看護分野の実務研修が必要)を持って特定の教育機関で養成課程を修了すると審査が行われ、認定看護師になります。
現行では21の認定分野がありますが(2026年で教育は終了)、今後19の認定分野に再編する予定になっています。

関連リンク

緩衝材

緩衝材(かんしょうざい)とは、外部からの衝撃や振動を吸収して内部の物が破損したり、傷付いたりしないよう、主に梱包する内容物の保護を目的に、内容物と一緒に入れる物のことです。
例えば、発砲スチロールや、毛布、気泡緩衝材(プチプチやエアキャップ)などがあります。物流のお仕事現場では製品と緩衝材を入れる作業があります。
ダンボールなど空間の大きい梱包材に小さいものや割れやすいものを入れる際、それらを包むために用いたり、梱包する箱の隙間を埋めるために用います。

関連リンク
    

関数

関数とは、Excelの操作で任意の数字を入力した際、予め用意してある計算式(定められたプロセスを経て結果を出力できる)の総称を言います。
主にビジネスの現場ではExcelやスプレッドシートなどの表計算ソフトや様々なプログラミング言語などで使用することができます。
関数ごとにさまざまな処理が割り当てられており、たとえば、表計算ソフトのExcelで「SUM」という関数を用いると、指定した範囲の合計を求めることができます。Excelがバージョンアップする度に新しい関数も増えてきました。

関連リンク

機械オペレーター

機械オペレーターとは、生産品の形作りなどに使う機械の操作・調整・管理、生産品の材料調達、仕上げた生産品のクオリティの維持をする職業です。
未経験からでも勤められる職業ですが、フォークリフト運転技能講習修了証、機械加工技能士、建設機械施工技士などを持っていると、現場での活躍の幅が広がるので、この職業に就きやすくなります。

関連リンク

機械加工技能士

機械加工技能士とは、都道府県職業能力開発協会が実施し、機械加工に関する学科と実技試験を基準に認定される技能検定制度の1種で国家資格になります。
金属を切削・研削し、所要の形に作り上げる加工の技術を証明するもので、単純に金属を切削するだけではなく工作機械の保守・点検、図面の作成、マシニングセンターのプログラムなどの知識を必要とします。
検定試験の内容は、使用する工作機械の種類で分かれ、各検定に合格すると「金属加工に関する技術レベル」を証明できます。
「特級」「1級」「2級」「3級」と4つに分かれており、受験資格があります。
以下に条件を列記しました。
・特級:1級合格者で5年以上の実務経験者
・1級:実務経験7年以上の人、もしくは2級合格後2年以上・3級合格後4年以上の実務経験者(学歴により必要とされる実務経験年数は異なる)
・2級:実務経験2年以上の人、もしくは3級合格者(学歴により実務経験は不要)
・3級:実務経験6か月以上

関連リンク

企業規模

企業規模とは、会社組織のスケールの大小を言い、具体的に別けると、経営規模と生産規模の二つがあります。経営規模は、会社組織に投じられている経営に必要な資源であるものの大きさである資本金、総資本額、従業員の数などを表します。生産規模は、会社組織から生成されるものの大きさである生産量、生産金額、販売量、販売高、取扱高などを表します。

関連リンク

危険手当

危険手当とは、正式名称を「特殊勤務手当」と呼びます。
特殊勤務手当は給与法に準じて規定された勤務の際、公務員に支給される手当です。
給与上特別に考慮が認められた「危険」「不快」「不健康又は困難な勤務」「その他、特殊な勤務」など危険と認定された業務を従事する職員に対して支払われます。
具体的な業務内容として高所・坑内における作業、爆破物・有害物を取り扱う作業、死体処理作業などが規定された特殊勤務として該当します。

関連リンク

危険物取扱者

危険物取扱者とは、消防法に基づき、危険物の取扱い及び取扱いの立会人となるために必要な日本の国家資格です。
甲乙丙の3種類に資格は分類され、多くの国で同様の制度や資格や規制が存在します。
消防法では、火災の危険性が高い物質をまとめて「危険物」として指定していますが、その性質により第1類から第6類まで分けられます。

資格種別で取扱い可能な危険物を下記に記します。
「甲」第1類から第6類まであります。全ての危険物の取扱いが可能、無資格者の取扱いの際は立会うことができます。乙種取得後、2年以上の実務経験が必要です。
「乙」全6類の内、個別に受験し、合格した種類の危険物のみ取扱いが可能です。
「丙」第4類の内、ガソリン、灯油、軽油、重油などの取扱いができます。
危険物取扱者の資格保有を証明するため都道府県知事から「危険物取扱者免状」が交付されます。また、甲・乙種は取得後、実務経験を積むことで「危険物保安監督者」になることができます。

関連リンク

技術者

技術者とは専門分野において知識・技術などのノウハウを持つ者のこと。主にSEやプログラマなどIT系から、工場など製造の現場、建築業界など幅広い分野で必要とされております。技術者になる為には、活躍したい業界に入ってからOJBでノウハウを身に付けることもできなくはないのですが、専門のスキルを身につけるてから活動することが一般的です。 
また、そうして働く為には、専門技術を取り扱っている企業へ就職活動し採用されるか、技術者専門の派遣会社に登録することの二通りがあります。

関連リンク

技術職

技術職とは一般的に製造などの業種の中でも高い知識やスキルを求められる仕事・職業のこと。技術職には大きく開発技術者と製造技術者の2つに分けられます。
開発技術者はものづくりにおいて重要なウェイトを占めており全てのスタートとなります。企画でどういう物を作るかどんな機能を付けるかなどを決め設計が開始されます。製造技術者は単に物を作るだけに思われていますが、開発側とその製品の組み立てや設備などの観点から生産可能か、どこが修正が必要なのかなどの折衝も重要な仕事です。これらの工程を経て最終的に様々な製品が消費者の手に届きます。

関連リンク

技能訓練

技能訓練とは、溶接に関わるJIS規格の知識や溶接スキルの習得目的とする方を対象に行う技能訓練講習のこと。講習の内容はJISが定める品質や材料などの知識やコースごとにアーク溶接をはじめとする技能訓練を受講し技能を習得します。
各都道府県にある溶接に関連する訓練施設で受講できます。受講資格は特に無く18歳以上の方なら誰でも受講可能です。

関連リンク

機能訓練指導員

機能訓練指導員とは介護保険法に定められた介護分野の職種の名称です。
病院や介護施設などで、機能訓練やリハビリを専門的に行う技能を持つスタッフのことです。実際に「機能訓練指導員」という資格はありません。
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、あんまマッサージ指圧師、看護師、准看護師のどれか一つ以上の国家資格を持つ人が機能訓練指導員として働けます。
特別養護老人ホームやデイサービスセンターに必ず一人以上配置することが求められています。

関連リンク

ギフト・ラッピングコーディネーター認定試験

ギフト・ラッピングコーディネーター認定試験は、仕事の幅を広げる目的の人や趣味で取得する人が多く、小売業やサービス業を目指す人、仕事としてラッピングに携わる人が受験します。包装作業を行う職場ではお客様に喜ばれ、役立つ技術です。
東京で開催する定期講習会は2日間行い、実技と筆記の試験に合格すると認定資格が取得できます。希望者は事前講習会を受けることもできます。
講習会は大阪や福岡、広島、名古屋、札幌、仙台でも行われます。
また、上位試験として、ギフト・ラッピングコーディネーター上級資格認定試験、ギフト・ラッピングコーディネーター講師資格認定試験があります。

関連リンク

キャッチコピー

短いフレーズで消費者に訴えかける広告宣伝手法の一つです。キャッチコピーという言葉そのものは和製英語であり、英語圏では「copy」や「sales message」、「catchphrase」などど表されます。人の注意を惹き、心に訴えかける効果を狙ったフレーズを見せることで、プロダクトの印象を短時間で強く植え付ける手法です。特に形式が決まっているわけではなく、宣伝の最前面に出て強く意識を惹くものがキャッチコピーになります。特定の商品だけでなく、企業全体のイメージ作りや、様々な活動の主張や目的のアピールなどにも設定されていることが多くあります。企業全体のキャッチコピーは「コーポレートステートメント」と呼ばれます。また、意図されたキャッチコピーで無くても、特定のフレーズが有名になることでそのプロダクトを表すキャッチコピーとなることがあります。
キャッチコピーを専門に制作するライターをコピーライターと呼称します。

関連リンク

CAD(Computer Aided Design)

CADとは、『Computer Aided Design』の略称です。
コンピュータを使って製図や設計をする際に使われる設計支援ツールの総称(CADシステム)のこと。人の手によって行われていた設計・製図作業をコンピュータで支援し、制度を高め、効率を上げる目的で作られたものです。
もともとは2次元(2D)の平面図の作成で使われていましたが、1980年代から3次元(3D)のデータを扱えるようになり、製造業などでも多く使われるようになりました。なお用途や専門とする分野によってCAD自体も様々な種類があり、一例として
 ・機械用CAD(メカCAD)
 ・建築用CAD
 ・建築設備用CAD
などが挙げられます。

関連リンク

CADオペレーター

社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)が主催する、CADオペレーターの技術を客観的に評価・認定するために定められた民間の資格です。
業務を行う分野ごとに資格がそれぞれ細分化されており、使用するソフトの種類によって、「2次元CAD」と「3次元CAD」に分類されます。その中でそれぞれ「2次元CAD」:一級・二級・基礎、「3次元CAD」:一級・準一級・二級と等級が分けられています。中でも2次元一級は対応する分野の専門性が高まり、対応する作業が大きく変わるため「建築」・「機械」・「トレース」の3分野に資格が分類され、筆記と実技両方の受験が必要となっています。
2次元CADの基礎試験は受験資格は必要なく、IBT試験(インターネットに接続して、PCで受験できる試験)が可能です。
CADの技術者は現在、従来の機械・建築・電気・土木業界などからアパレル業界などにも需要が拡大してきています。

・2次元CAD利用技術者
基  礎:IBT試験が可能。
二  級:筆記試験。
一  級:二級合格が必須要件。筆記・実技試験。
※試験1級:建築、機械、トレースの3種になります。
・3次元CAD利用技術者
二 級:筆記試験。
準一級:実技試験。二級合格が必須要件。
    (二級と併願受験可能)
一 級:実技試験。二級合格が必須要件。
    (二級と併願受験可能)

関連リンク

CAD利用技術者試験(CAD利用技術検定)

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会が主催する資格試験のこと。
この資格には大きく分けて2DCADと3DCADの2種類があります。
CADの知識と技術だけでなく、図面作成や業務に使用するパソコンやアプリケーションなどに関わる知識も問われます。CADを扱うだけならば専門的な学術機関やスクールに通えば身につけられますが、第3者視点で見た場合作業者がどれくらいのスキルを持っているか分かりずらいという問題がありました。
ですが、この資格を取得することでCADや関連する技術や知識がどれくらいのレベルに達しているのかが視覚化できます。それらのことから、この資格を取得することは設計やデザインに関わる業界への就職に有利になります。

関連リンク

キャリアカー

キャリアカーとは、車輪を回転させて動く乗り物を、移送するための貨物自動車のことを言います。多くの場面では、軽自動車から2t車までの自動車を移送しています。1台積みタイプ、複数台積みタイプのものがあります。

関連リンク

キャリアチェンジ

キャリアチェンジとは、今までに勤めていた業界の職業の職務で培った経験、技術とは関係の無い、未経験の業界、職種に勤め先を変えることを言います
メリットとしては、新しく自分が働きたい職種に就けることによりモチベーションがあがることなどがあります。デメリットとしては、今までに培った経験や技術が活かせず、収入が下がることなどがあります。

関連リンク

キャリアパス

キャリアパスとは、ある会社でキャリアアップを目指す人々が、ある職位やある職務に就任するために不可欠な経験や、それを経験するための順序を示した計画を言います。SE職でプロジェクトマネージャーを狙うキャリアパスは、プログラマー、システムエンジニア、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーという順番で計画をたてることが一般的です。

関連リンク

行政書士

行政書士法に基づく国家資格です。この資格を取得した者は、他者から報酬を対価に依頼を受け官公署に申請する書類作成や手続きの代理、遺言などの権利義務・事実証明書類の作成、不服申立てなどの代理が可能となります。国民の権利を保証する為に法整備が進んだ結果、各種手続きの複雑化という弊害が起き、それを代理する行政書士を初めとする法律家のニーズは高まってきていると言えます。

関連リンク

共同配送

共同配送とは、各運送業者の垣根を越えて同じ配送先や地域に荷を届ける取り組みです。製造メーカーや卸売業者が共同で同じ配送先に荷を運ぶのでコストが安くなるだけでなく、貨物車の出動回数が減るのでCO2の削減やドライバーの不足の問題解消などのメリットがあります。

関連リンク

京都府伝統と文化ものづくり産業振興条例

「京都府伝統と文化のものづくりと産業振興条例」とは、京都府が独自に定めた産業振興条例のことです。
京都府は伝統産行の構築・進行に向けて、府や事業者、府民が一体となって、取り組んで導いていくための条例を制定しました。

居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所は 在宅の要援護者が適切な介護サービスを利用できるように、ケアマネージャーが在籍している相談窓口のことです。
要介護認定の申請のお手伝いや要支援、要介護認定者のケアプランを介護サービスの利用者やご家族の意見を取り込み、希望や家庭環境に合うケアプラン作成のサポートを行います。要介護1~5と認定されている人が介護サービスの対象となっています。

関連リンク

居宅ケアマネージャー

居宅ケアマネージャーとは、居宅介護支援事業所に所属するケアマネージャーの事を省略して「居宅ケアマネ」と呼びます。
自宅で暮らす、要介護1以上の介護サービス利用者の希望や生活に合わせたケアプランの作成や、利用に関する相談対応が主な業務です。
居宅介護支援事業所を拠点に、担当の介護サービス利用者宅を月1回は訪問して、今は何に困っているのか、心身の状態など、介護サービス利用者の実状を確認し、ケアプランの改善に努めます。

関連リンク

金属加工

金属加工とは、金属材料に施す加工のこと。船などのような大きな物から自動車のエンジンの構成部品などの精度を求められる物や指輪などの彫金の分野も金属加工に含まれます。生産される製品はJIS規格やISO規格と呼ばれる基準よって材料強度や寸法公差などの品質を厳しく管理されています。

関連リンク

銀ろう付

銀ろうとはろう付けと呼ばれる金属同士の接合で使用する銀や銅などの合金の事を言います。
また、ろう付けは部材を溶融させず比較的融点が低い金属を溶かし接着剤のように使用する方法のことを言います。ろう付けの中でも銀ろうは一般的な材質で接合時の強度や密閉性が高く、同種だけでなく様々な金属同士の組み合わせにも対応できると言うメリットが挙げられます。ですが、部材同士を溶融した方法より強度は下回り接合部の目視確認が難しいという欠点があります。
また、ろうを流す性質上はみ出しの処理も必要となるケースも出てきます。ろう付けは密閉性を求められるヒートシンクや冷却管などのみならず、部材を溶融しない特性を利用して美術作品にも利用されています。

関連リンク

クール便

クール便とは生鮮食品など温度管理が必要なものを配送するサービスです。
本サービスを大きく分けると、冷蔵タイプと冷凍タイプの2種類があります。
冷蔵タイプは2℃から10℃の商品が対象になり、冷凍タイプは-15℃以下の商品が対象となります。それぞれ依頼する荷物に寄ってサービスを使い分ける事ができます。

関連リンク

クラウドソーシング

インターネットの普及に伴って新しく発展してきた働き方の一つ。「crowd(群衆)」と「sourcing(委託)」を組み合わせた造語であり、企業が案件を業務委託する際に、不特定の人に対してインターネットを通じて公募・選定し依頼する形態です。
委託する業務に対して必要なスキルを明確にして公募を行うため人材と業務のミスマッチが起こりにくく、企業側も必要な案件に対してのみ人材の調達ができるため、コストダウンに繋がるメリットがあります。また、労働者側も特定の企業に属して業務を行うわけではなく時間と場所を選ばないため、地方在住や在宅勤務、また副業としても業務が可能であり、新しい働き方として注目を集めています。

関連リンク

グラフィックデザイナー

パンフレットやチラシ、雑誌など印刷を行う広告物やホームページに載せるグラフィックをデザインする人をグラフィックデザイナーと呼びます。
必要な資格はありません。未経験者や経験の浅い方はキャリアステップのため、アシスタントとして現場で経験を積み、できる仕事の幅を広げていくのが一般的な方法です。
仕事の流れは、お客様からヒアリングした内容をもとに、アートディレクターやコピーライター、フォトグラファーなど専門職の人達と連携してデザインの仕方を打合せます。ある程度の内容が固まると、必要な素材を集め、制作作業に移ります。できたものをお客様に確認してもらい、了承を得られると印刷手配を行い商品を納品します。
仕事のスキルや経験次第でキャリアアップが可能な仕事です。経験豊富なグラフィックデザイナーになると大規模な広告プロジェクトに関わることや、独立して会社を立ち上げる人もいます。

関連リンク

クリーンルーム

クリーンルームとは、空気を清浄に管理された作業部屋のことを表します。防塵室とも言います。全般的に、工業用クリーンルーム、バイオクリーンルームといった2種類があります。工業用クリーンルームは、半導体製造など僅かな粉塵でもトラブルや不良が発生する電子工業で必須となっています。バイオクリーンルームは、オペ室や、医療品の製造現場での、細菌感染、細菌汚染のリスクの排除の為に必須であり、また、細菌だけでなく金属片や虫などの異物混入が許されない食品製造業にも必須となっています。

関連リンク

クレーン運転士

労働安全衛生法に定められた国家資格のひとつ。
吊上げ荷重が5t以上のクレーンを操作し荷の積み下ろしなどの業務に就く為に必要となる資格です。
通常のクレーン運転士の他に床上運転式限定というものの2種類があります。この資格を取得することで、床上運転式限定の資格は吊上げ荷重による制限無く床上式のクレーンの操作が、
限定なしの場合は荷重制限なく天井式や橋形などのクレーンも操作が可能になります。誰でも受験は可能ですが免許の交付は18歳以上になってからになるので注意が必要です。

関連リンク

クレーン・デリック運転士

クレーン・デリック運転士とは、根拠法が労働安全衛生法に決められている国家資格です。この資格は、限定なし、クレーン限定、床上運転式クレーン限定、と3種類に分かれた資格があり、それぞれの資格ごとに運転が可能になるクレーンの種類が異なります。本資格の受験資格は18歳以上ならば、学歴、経験と関係なくどなたでも受験可能です。

関連リンク

ゲームデザイナー

ゲームデザイナーとは、ゲームのデザイン、企画、プラン、構想、設計などをする職業です。2019年現在では、スマートフォン、パーソナルコンピューター向けのソーシャルゲームが社会的に人気となり、そのジャンルを中心にゲームデザイナーの求人が増えています。ゲームデザイナーに就く為に資格は必要ありませんが、CGクリエイター検定、マルチメディア検定、Photoshopクリエイター能力認定試験、Illustratorクリエイター能力認定試験などに合格しておくと、現場での活躍できる幅が広がるので、採用される確率が高くなります。

関連リンク

ケアプラン

ケアプランとは、各利用者の方々が介護保険による介護サービスを応じたい時に、各利用者の方々に合った介護サービスの内容を決める計画書のことを表します。
サービス提供責任者は、介護支援専門員によるケアプランを基準に、訪問介護計画書を作り、それを使って、各利用者の方々、または、その各家族の方々へ訪問介護で提供する介護サービスについて解説し、その内容に対して、それぞれの同意を得ることが必要です。

関連リンク

ケアマネージャー

ケアマネージャーとは、正式名称を「介護支援専門員」と言います。略して「ケアマネ」と呼ぶことも多い各都道府県が試験を実施している公的資格です。
介護や福祉に関する幅広い知識や経験が必要なため、資格取得の必須事項として介護・医療系の法定資格所有者で5年以上の実務経験が必要です。
ケアマネージャーは、要介護者や要支援者の心身の状況に対し相談を行い、適切な介護サービスを受けられるようにケアプランの作成や、市町村の担当者やサービス施設と、要介護者本人や家族などと連絡・連携し、調整を行うのが主な業務です。また、要介護認定や支給限度額・利用者負担額の計算なども重要な役割になります。
ケアマネージャー資格を取得するためには、年1回に実施される試験で合格する必要があります。また、試験に合格してもすぐに業務に就くことはできず、『介護支援専門員実務研修(87時間)』を修了後、『介護支援専門員資格登録簿』への登録申請を各都道府県に出した上で受理された後に『介護支援専門員証』が交付され、ケアマネージャーとして認定され働くことができます。

関連リンク

経済産業省

経済産業省とは、経済と産業の発展、鉱物資源とエネルギー資源に関してを担当範囲としている日本の行政機関の1つです。主な任務は、行政の立場から日本を経済的に豊かにすることです。また、国家間の貿易を盛んにすること、資源やエネルギーの確保も重要な任務として行っています。経済産業省に就職するためには、国家公務員採用試験に合格することが必要です。この試験には、新卒採用枠、中途採用枠、障害者選考採用枠、非常勤採用枠があります。

関連リンク

軽作業

軽作業とは、梱包や検品、仕分け、検査・点検などがあります。
専門的な知識や資格が必要ない業務が多く、未経験でもスタートできる仕事です。
名前のように比較的重労働ではない仕事という認識が一般的ですが明確な定義はありません。
中には倉庫内ピッキング作業や製造補助、イベント会場の設営、ある程度の体力を使う作業も軽作業として求人が行われています。
軽作業の場合でも資格や経験があれば業務の幅が広がることがあります。
普通自動車免許を持っていれば構内の車両移動など、フォークリフトの免許があれば倉庫内の資材運搬など対応できる業務の幅が拡がります。

関連リンク

警備業務検定

警備業務検定とは、国家資格です。根拠法は警備業法です。本検定は、警備の対象分野で、施設、交通誘導、雑踏、貴重品運搬、核燃料輸送、空港保安といった6種類に分類される各検定が用意されており、さらに、その6種類にはそれぞれ2級と1級が用意されています。本検定を取得することにより、各都道府県の公安委員会が決めた、警備員の配置基準があらかじめ決まっている現場で、専門の警備の仕事に就くことが可能になり、なおかつ、資格手当を貰える場合もあります。また、警備会社に就職していると、会社から本検定に対しての資格取得支援として、会社の費用を使っての本試験の取得を勧められることがあります。

関連リンク

京浜工業地帯

京浜工業地帯とは、主に東京都と神奈川県の間でつながって作られている工業地帯を言います。日本の四大工業地帯の一種類です。重工業が盛んになった明治時代に誕生し、2019年現在までさまざまな工場が活発に活動しています。
京浜工業地帯で働く場合、大都市圏がすぐ近くにあるので、公共交通機関・インフラの発達による通勤のし易さ、住環境の充実というプラスの特徴があります。

契約書

契約書とは利害の異なる者同士が合意した条件を明示し、文書化したものです。作る目的は様々あります。
・契約の成立や契約意思の明確化
・紛争の予防
・契約の履行に関する手引きの役割
・裁判上の証拠、記録としての文書化
などが重要なものとなります。

契約書を作成するメリットとしては
・契約の成立、契約の意思を相互に確認できる
・条件を明示し確認することで、認識違いの防止
・契約を履行する際の手引き(マニュアル)になる
・契約後にトラブルが生じた場合の有力な証拠になる
などが挙げられます。個人・法人問わず、金銭が発生する業務や依頼に関しては、お互いのため・円滑なビジネスのためにも契約書を作成して保管することが重要です。

関連リンク

経理

経理とは「経営管理」の略称です。
会社で発生した利益や仕入れの支払い、会社経営をする上でお金の入出管理をするのは大切なことです。
会社の「利益」や「資産」を生み出すために「経費」を含めたお金の記録と管理を日々コツコツと積み重ねていく経理は会社経営に欠かせない存在です。

経理の仕事は大まかに「1日の経理業務」「月の経理業務」「年間の経理業務」と3つに分けられます。
①「1日の経理業務」:毎日発生する経費や支払いなど1日に動くお金の流れを管理します。
②「月の経理業務」:取引先との請求や支払い、従業員の給与など月単位で動くお金の計算、振分、
    入出金などを行います。
③「年間の経理業務」:決算書作成や次年度の予算策定を行います。
会社で動くお金を全て把握しているのが経理です、経営者や一般社員からも信頼のおけるポジションになります。それだけに普段の行動や言動にも気をつけたい職業です。

関連リンク

牽引免許

大型運転免許と合わせて取得されることが多い免許です。普通自動車免許や大型自動車免許を所持した上で牽引免許を取得することで、貨物トレーラーやキャンピングトレーラー、タンクローリーやボートの牽引など、車輌の総重量が750kgを超える、大型の自走しない車輌を牽引した状態で運転できるようになります。
750kg以下の車輌(1~2人用のキャンピングトレーラーなど)及び故障した車輌の牽引には免許は必要ありません。牽引免許は3種類あり一種・二種・限定条件つき牽引免許があります。二種免許があればトレーラーバスなどで、運賃を徴収しての旅客輸送を行うことができるようになります。
限定条件つき牽引免許はライトトレーラー免許とも呼ばれ、総重量750kg~2,000kgまでの車輌を牽引して運転できるようになりますが、この免許は教習所での講習はなく、試験所でも車輌が用意されていないため免許所有者に牽引してもらい持ち込みで試験を受ける必要があります。

関連リンク

言語聴覚士

言語聴覚士とは、障碍などの理由により、言葉によるコミュニケーション、摂食をする際などに問題がある方々に、検査、助言、リハビリテーションをする職業です。
この職業は、機能訓練指導員の一つの職業として、医療機関、リハビリテーション施設、保健施設、福祉施設、教育機関などの幅広い分野・場所で活動しています。
言語聴覚士は、国家資格です。根拠法は言語聴覚士法です。したがって、この職業に就く為には、言語聴覚士国家試験の合格、登録をし、言語聴覚士を必要としている機関の採用試験に合格することが必要です。

関連リンク

研削

研削とは、研削砥石を非常に速いスピードで回転させて、工作物の表面から小さいまじり物を削って表面を平らにするという、機械加工方法の一つです。
研削は、工具を用いて工作物からくずを取る切削と比較すると、メリットとして工作物を簡単に削れます、デメリットは研削砥石が非常に速いスピードで回転するため、突然壊れた時に大事故になる危険があります。
研削は、超硬、鉄鋼材料、非鉄金属、ガラス、石英、石材、プラスチックなどの加工をする工場で使われています。

関連リンク

検索エンジン

インターネット上に存在する様々なサイトから、特定の情報を横断的に検索できるweb上のシステムのこと。検索エンジンの登場初期はカテゴリごとにリストアップされたwebサイトを探す「ディレクトリ型」が主でしたが、web上に存在する情報量の急激な拡大により、検索ワードに該当するコンテンツそのものを探す「ロボット型」が主流となっています。言葉だけでなく、画像や映像にも検索範囲は及びます。

検索エンジンとは以下のようなことを行います。
①webページのリンクを自動的に辿ることでページ情報を収集します(クローリング)
②収集した情報をデータベースとして蓄積します(インデックス化)
③そのデータから抽出する際に独自のアルゴリズムによる評価基準を持ってランク付けし、
   その順位に基づいた検索結果を表示します。
これらのプログラムは全て検索エンジンサービスのサーバー上で稼働しているため、運営にあたっては巨大な設備が必要になります。

関連リンク

建設機械施工技士

建設機械施工技士とは、建設現場で各種建設機械を用いた作業を行う際に必ず会社として所持が義務付けられている、国土交通省管轄の施工管理技士国家資格のうちの一つです。重機の免許というわけではなく、重機の操作運転技術の向上を目的として設定されました。施工技士は1級、2級に分類され、学歴に応じて必要とされる実務経験に差があります。試験は筆記・実技の両方で実施され、2級では資格を取得したい重機によって下記のように試験が分類されています。

【1級】
トラクター系建設機械操作施工法
ショベル系建設機械操作施工法
モーターグレーダー操作施工法
締固め建設機械操作施工法
舗装用建設機械操作施工法
基礎工事用建設機械操作施工法
建設機械組合せ施工法

【2級】
第1種 ブルドーザー(トラクター系建設機械操作施工法)
第2種 油圧ショベル(ショベル系建設機械操作施工法)
第3種 モーターグレーダー(モータ・グレーダー操作施工法)
第4種 ロードローラー(締固め建設機械操作施工法)
第5種 アスファルトフィニッシャ(舗装用建設機械操作施工法)
第6種 アースオーガー(基礎工事用建設機械操作施工法)

※1級の実技試験では下記の工法から2種類を選択して受験します(2級で2種目以上合格の場合は1級実技は免除、1種目合格の場合は1種類受験)。

関連リンク

建築CAD検定試験

一般社団法人「全国建築CAD連盟(AACL)」が主催する、建築CADの操作技術及び基礎的な建築知識を同時に測る実践型の民間資格です。1993年に日本では初めて誕生しました。
資格は准一級・二級・三級・四級に分かれていますが、四級は高校生の団体のみが受験可能で、入門的な資格と位置づけられています。また、本資格は公益社団法人「全国工業高等学校長協会」の定める「ジュニアマイスター顕彰制度」の対象資格となっており、合格者はジュニアマイスター制度の得点を得られます。
試験は全等級ともに受験に必要な資格なし、及び実技試験のみであり、極めて実践型の資格となっています。また、各等級ともに「Jw_cad」などの汎用CADソフトを使用して受験するため、対応するソフトがインストールされていれば、自分のパソコンを持ち込んでの受験が可能です。このパソコン持ち込みにより受験者の状況が異なるため、准一級試験のみ、試験冒頭10分は各自のCADシステムを設定する時間として割り振られています。

関連リンク

建築士

建築士法に定められた、建築物の設計図を作成するのに必要な国家資格です。一級建築士・二級建築士・木造建築士に分かれており、等級によって建築できる建物の範囲が定められています。建物の設計は建築基準法によって基本ルールが設定されており、施主の要望を取り入れながらそのルールから逸脱しないように、建築図面を作成します。また、建築士は設計だけではなく工事の管理・契約に関する事務・現場の指導監督・建築物の調査や鑑定・建築に関する法令手続きの代理など、建築に関する広い分野の業務に対応することができる資格です。一級建築士になるには二級建築士免許の取得に加えて、4年間の実務経験が必要となります。一級建築士は設計できる建物の大きさに制限がなくなり、病院や商業施設、学校などのあらゆる大規模建造物を設計できるようになります。

関連リンク

検品

検品とは製品の品質や個数を検査する作業のこと。主に目視検査や寸法や重量などを計測機器を使った検品作業を行い、JISなどの規格や各企業ごとに定めている基準に満たない不良品や欠損がある製品が世に出回る事を防ぎます。このことにより、企業イメージを守るだけだなく重大な事故を未然に防ぐ効果があります。

関連リンク

コーダー

コーダーとは、webデザイナーがデザインしたサイトやアプリの表示や機能などがweb上で問題なく閲覧・動作ができるように、データを作り上げるのを専門とする職種です。
webデザイナーが兼任することもありますが、サイトデザインや機能が大型化している昨今では分業していることが多いです。コーダーになるためには、必要になる資格はありませんが、ブラウザに関する知識やフロントエンドのプログラミング技術を身につける必要があります。

関連リンク

コーディング

コーディングとは、Webデザイナーの制作したものを、Web上で人々が観られるようにすることを言います。この作業をして収入を得る職業を、コーダーと言います。コーダーの職業に就く為には、Web制作会社への就職です。そのためには、HTML・CSS・JavaScriptなどの言語を使えることが必要です。もしくは、会社に就職せずに、フリーランスのコーダーとして働く方法もあります。

関連リンク

コールセンター

「コールセンター」は「サポートセンター」や「カスタマーセンター」と呼ばれ、企業内では顧客からの電話対応業務を専門に行う事業所や部門を置いている会社もあります。
大手企業の問い合わせ窓口のような、電話回線数や対応するオペレータの人数が多い大規模な施設を「コールセンター」と呼ぶことが一般的で中小企業の場合、他社の「コールセンター」に業務委託することもあります。
日本のコールセンターは、104(番号案内/NTT東日本)や116(総合受付/NTT西日本)など、日本電信電話公社時代からの電話業務センターおよび民間業者による電話代行が発端となっています。
コールセンターを用いて企業が対応したい目的別に有料または無料サービスでコールセンターを設置しています。
最近では、電話以外の媒体として、チャットやメールなど様々な手段で問い合わせを受けることから「コンタクトセンター」と呼ぶこともありますが、対応する業務内容は同じです。

関連リンク

公益財団法人

公益財団法人とは、公益性の認定を受けた一般財団法人のことを言います。根拠法は、公益法人認定法です。
公益財団法人の事業として受け入れられている事業は、全面的であり、なおかつ殆んどの人々の特恵の発展に貢献する事業であるという前提を満たしている学術、技芸、慈善、その他の事業です。
公益財団法人の団体職員に就く為には、団体職員は公務員では無いので公務員試験を受験する必要はありませんが、採用試験が公務員試験の内容と似ているので、公務員との併願を狙うと効率よく対策ができます。

関連リンク

工業デザイナー

工業デザイナーとは、機械や工業製品など、大量生産を前提とした形と機能性をデザインする仕事です。インダストリアルデザイナーとも呼ばれます。スマートフォンやカメラ・家電などの家庭向けの製品から車・バイク・飛行機・医療機器など大規模な工業製品にも必ず工業デザイナーが関わっています。
工業デザイナーの仕事は、大きく分けて機能を含むコンセプト立案と、模型などを使っての製品化フェーズがあり、多くのデザイナーと協力して一つのプロダクトを作り上げます。大手企業では部品ごとに工業デザイナーを抱えていることも少なくありません。
必須の資格はなく国家資格も存在しませんが、関連する資格として日本インダストリアルデザイナー協会が認定する「プロダクトデザイン検定」があります。

関連リンク

工業包装

工業包装とは、工業製品の輸送又は保管を目的とした包装のことです。
製品の品質保持が最も重視され、荷の積み下ろしの作業効率やカーゴなどの運搬機材に合わせた包装方法などの要素も考慮されます。これらを管理する工業包装士という資格があり、試験では梱包材や力学の知識や安全衛生などの知識を問われます。

関連リンク

工業薬品

工業薬品とは、工業製品の生産の現場で使用される化学薬品類のこと。
また、医薬品の原材料なども含まれます。主な薬品類には、有機酸やアルカリ剤、爆薬、塗料、石油科学製品などがあります。
これらは鉄鋼業、化学工業、石油化学業、電子機器の生産で使用されています。また、販売には特別な免許が必要です。

工作機械

工作機械とは金属や木材の切断、研磨、穿孔。樹脂の射出成形などを行う機械のことです。主に旋盤、フライス盤、NC旋盤、レーザー加工機など手動の物から自動の物まであります。これらの機械は機能改善による小型化によって生産ラインのレイアウトの自由度が上がり、高性能化が進み1台の工作機械で1部品のビードやフランジなどの加工工程を行うことが可能になっています。

甲種

甲種とは甲乙丙と分類した中で最上位に位置づけられているもの。
国家資格などの難易度の表記などに使用されています。これらの資格試験を受験する為には、実務経験や下位の資格の取得などが条件となることが多いです。主に化学薬品取扱保管責任者、危険物取扱者、防火管理者などの資格に甲乙丙の表記が使用されています。

関連リンク

高速バス

高速バスとは、人々を乗車し、高速道路を利用して、都市間、都市観光地間などの長距離の移動をするバスを言います。
高速バスは、遠距離移動をする場合に使う乗り物の新幹線、飛行機などより、格安で利用することができます。
高速バスドライバーの職業に就く為に必要な資格は、普通自動車免許と大型自動車第二種免許になります。

関連リンク

交通誘導警備

交通誘導警備とは民間の警備会社による警備業務のことを言います。主な仕事内容は人や車両の通行が多い場所、あるいは通行時に事故の発生の恐れのある場所での警戒・防止になります。特に交通警備に就く者を交通誘導員と呼び、工事現場やイベントなどで交通に障害がある場所で歩行者やs自動車などの誘導を行います。
ただし、交通誘導員の行う交通誘導はあくまでも相手の任意的協力であり、警察官や交通巡視員の行う交通整理と違って法的強制力はありません。

関連リンク

港湾業務

港湾業務とは、港湾関連の業務の総称です。多くは港湾周辺を拠点とした企業が行います。
規模としては物流や運送が高い割合を占めますが、埠頭ターミナルにて貨物の積卸しを主体として、輸送・保管・荷役・荷さばき・分類・仕分け・包装・流通加工など関連業務は非常に多岐にわたります。またそれぞれの分野で専門性が高く、多くの関連企業が存在します。

関連リンク

小型トラック

小型トラックとは、最大積載量が3.0t未満のトラックを言います。
小型トラックは、比較的狭い範囲の地帯での運搬に主に使われることが良く見られるトラックになります。機動性が高いので、人里離れた土地、田園の路地などの配達にも有用です。
小型トラックを利用する場合には、第一種運転免許の取得が必要です。

関連リンク

顧客情報

顧客情報は、各企業に保管されている顧客・取引先に関する様々な情報のことです。顧客の行動や購買内容に関するものなど、直接取引を行った各企業しか持ち得ない重要なデータであることが多いです。きめ細かいマーケティングが重視される昨今では各企業の財産とも言えます。また、個人相手のビジネスでは住所などの個人情報が含まれることがほとんどであり、適切な管理と運用、そして漏洩対策が求められています。

関連リンク

小口現金

小額の経費支払用として、使用する各担当者に事前に渡しておくお金のことです。前もって見込まれる一定の資金を前渡ししておき、支払いをしてもらうようにします。前渡金を小口現金または小払資金とも呼びます。

関連リンク

国民医療費

国民医療費とは、日本で1年間の間に国民が医療に出費した金額の合計のことを言います。
国民医療費は1956年から公表を開始、2019年現代では、現在厚生労働省が最新に公表している2018年度の金額は、高齢化、医学、医療の進歩、病気の種類の多様化などの原因により、42兆6000億円で過去最高になっています。

関連リンク

国民健康保険連合会

国民健康保険団体連合会とは、会員となる市町村及び国民保険組合が共同して国民保険事業の目的の達成を目指して設立された公益法人です。その目的は社会保障と国民の健康の向上、保険事業の健全な運営になり、主に保険事業、審査支払業務、介護保険事業を行っております。本会は前述の会員からの負担金や審査支払手数料のほか国庫補助金などで運営されています。

個人情報

個人情報とは、➀生存する個人に関する情報であり、➁特定の個人を識別できる情報であると個人情報保護法で定義されています。名前だけなどの単独の情報でも、他の情報と照らし合わせることで個人を特定できるような情報は全て個人情報になります。なお文書だけでなく音声や画像、指紋や掌紋・声紋など、個人情報は記録媒体を問いません。また、マイナンバーや免許証番号など、サービスの利用や書類所において、個人の対象者ごとに異なるよう割り当てられる公的な番号も個人情報に該当します。また平成29年5月30日より、情報の多少に関わらず、「個人情報をデータベース化して事業に利用している事業者」全てが改正個人情報保護法の適用対象となりました。

関連リンク

コピーライター

コピーライターとは、商品や会社を宣伝するための言葉を考える職業を言います。
その言葉は、出版物や、TV、ラジオ、インターネットなどの様々な媒体での広告で使われています。コピーライターになるには、広告、制作会社へ就職しコピーライティングを任されるようになる方法、会社へ就職しないでも一般で募集している賞に応募して受賞する方法などがあります。そのどちらの場合でも、コピーライティングの養成講座で勉強すると認められやすくなります。

関連リンク

雇用契約書

雇用契約書とは、会社と従業員の間で取り行われる雇用契約の中身を書きとどめた書類のことを言います。会社と従業員がお互いに契約に納得して申し合わせしたことを明らかにする機能を持ちます。本書類が使われる場面の例として、裁判で従業員が会社に対して不当解雇を訴えるとき、従業員が本書類を証拠として持ち出し、裁判を有利に進めるなどがあります。

混載便

混載便(こんさいびん)とは、トラック1台分に満たない荷主の荷物を同じトラックに集めて配送する運送方法です。
メリットとして費用が荷主の頭割りになるのでコストが安くなることと、トラックの出動回数が減るのでCO2排出など環境負荷の軽減になることが挙げられます。
ですが、時間指定が出来ないことや、荷物のサイズ、重量に制限が掛かるという欠点があります。

コンサルティング業務

コンサルティングとは、企業(まれに行政など公共機関)などの経営層や決済権者に対して解決策を提示し、企業活動の発展を助ける業務のことです。
企業に対して多角的な観点からのアドバイスや解決策が求められるため、専門知識だけではなく柔軟な発想力と、第三者としての冷静な分析力が求められます。コンサルティングを主業務とする企業はコンサルティングファームとも呼ばれます。

関連リンク

コンシェルジュ

コンシェルジュとは、それぞれのお客様に対して、細部まで丁寧なサービスをする接客業です。
コンシェルジュは、宿、見物案内所、停車場、デパート、医療機関など、さまざまな場所で活躍しています。
コンシェルジュに向いている人は、心配りができる、臨機応変に対応できる、流行に敏感である、人を喜ばせることが好きである、などです。

関連リンク

コンテナ

コンテナとは鉄道やトラックをはじめ船舶や飛行機での貨物の輸送に使用する専用の容器のこと。コンテナはJIS規格やISO規格によって材質やサイズが決められています。
また、荷物を積み終えたコンテナは抜き取り防止の為、シールと呼ばれる封印を施されます。このような手順を踏んでコンテナは輸出入や国内流通に利用されます。

関連リンク

コンデンサ

コンデンサとは、電子回路では必ず使われている基本の電子部品のことです。向かい合わせにした2枚の金属板の間に空気やプラスチックフィルムなどの絶縁体を挟んで電圧をかけることで、蓄電が可能になる機構を持っています。この蓄電量を静電容量と言い、金属板や絶縁体の種類やサイズ・構造によって容量が変わります。
コンデンサの役割として以下に記します。
1.貯めた電荷を必要に応じて放出(充電・放電)
2.充電・放電の調節による回路内電圧の一定化
3.コンデンサを置くことによる信号の取捨選択(カップリング・デカップリング)
の3種類に分類されます。

関連リンク

梱包

梱包とは、物品を輸送する際に中のものが壊れたり散らかったりしないよう整理し、梱包材で包むことを言います。
引っ越しはもちろん、オークションやフリーマーケットなどで荷物を送る場合でも必ず梱包は行われており、梱包方法などで値段が変わることがあります。梱包材も多様な種類が開発されており、ネット通販の増加など社会構造の変化に伴い、ニーズが高まっています。

関連リンク