用語集(は行)

は行

バーコード

バーコードとは、NB(ナローバー)WB(ワイドバー)、NS(ナロースペース)WS(ワイドスペース)と言われる細・太のバースペースで構成された、数字や文字などの情報を機械が読み取るための符号です。専用の装置で読み取り、商品管理などに利用します。

関連リンク

パートタイム労働法

パートタイム労働法とは、労働基準法とは違い、パートで働く人にだけ適用される法律です。パートタイム労働者と正社員の格差解消や待遇改善を目的としています。正式名称は、「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」とされ、平成5年6月に制定、同年12月に施行されました。

関連リンク

バイヤー

バイヤーとは、自身が勤めている会社が運営する店で売れそうな商品を見つけ出し、仕入れを行います。扱うものは食品や雑貨、自動車、家電、食品、住宅建材などの原材料など多岐にわたり、それらを交渉して買い付けます。

関連リンク

賠償予定の禁止

賠償予定の禁止とは、労働者が不当に拘束される可能性がある就業規則を定めてはいけないという法律の事です。
労働基準法16条で定められている「使用者は、労働者の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない」、これが賠償予定の禁止にあたります。

関連リンク

爆発溶接

爆発溶接とは,広い面積同士の異材接合に有効な固相接合の一種です。
高エネルギー加工の一分野でもあり、爆薬の爆発する際に発生する高圧力を,金属の加工・溶接に利用する方法です。主にクラッド材の製造に使用されています。

関連リンク

派遣アルバイト

派遣アルバイトとは、「派遣バイト」とも略されますが、これは新しい呼び方であり、雇用形態のことではありません。
派遣バイトでは期間は様々ですが、契約期間があらかじめ決められており、日雇いは法律で禁じられています。ですので、日雇いの場合はまた別の「単発バイト」と呼ばれる働き方に入ります。

関連リンク

バスドライバー

バスドライバーとは、バスに人を乗せて目的地へと運ぶ仕事です。
バスには路線バスなどで時間通りに決められたルートを走行する「乗合バス」と、観光バスなどで観光ツアーや団体旅行、修学旅行などに利用される「貸切バス」の2種類に大きく分けることができます。また、業務は運転のみでなく、常務前後の車両点検やお客様の忘れ物の確認などもあります。
バスドライバーになるには普通自動車免許は最低限必要であり、送迎バスドライバー以外は第二種運転免許が必要です。

関連リンク

パソコンスキル

パソコンスキルとは、その名の通り、パソコンでできることを指します。文字をある程度のスピードで入力できる(タイピング)、メールのやり取りができるWordやExcelといったoffice製品を扱い資料作成ができる、といった内容は「基本的なパソコンスキル」の一部と言えます。

関連リンク

発信業務

発信業務とは、コールセンターでスタッフが任意の相手に電話をする業務のことです。“アウトバウンド”と呼ぶこともあり、求人募集の職業欄にアウトバウンド業務と記載される場合もあります。
販売促進やアンケート調査、代金催促などを目的とした内容が多いようです。

関連リンク

バックエンド

ユーザーが直接、データを開いたり、書換えたりできない部分や、ソフトウェアなどから見えないところでデータの処理、保存、などを行う要素を『バックエンド』と呼びます。
商品検索を行った際、ホームページ内に設計されたバックエンドに置かれたデータベースより情報を呼び出し閲覧をできるようなしくみがあります。
また、反対にユーザーが、ブラウザ上で入力したりできる部分を『フロントエンド』と呼んでいます。

関連リンク

パレット

パレットとは、梱包した荷物を乗せるための台のことです。
特に物流関連のお仕事(工場やトラック、コンテナや倉庫、運送会社の営業所)などで活躍しています。
材質は木材で作られたものが多いですが、湿気に強い合成樹脂製も多くあります。

関連リンク

PowerPoint

PowerPoint(パワーポイント)とは、「パワポ」や「PPT」とも呼ばれる、Microsoft社が提供するプレゼンテーションソフトです。プレゼンテーションのためのスライドや見栄えのいい図が簡単に作成できたり、メモや経過時間の表示などプレゼンテーターを補助する機能もあります。
ワープロソフトのWordや表計算ソフトのExcelと同じく、資料作成を効率化させるためのツールです。

関連リンク

半自動溶接

半自動溶接とは、送給ローラー(モーター)という半自動溶接機によって、『自動で供給される』ワイヤー(溶融金属)を、溶接トーチと呼ばれる加熱器具で連続的に溶かして溶接する方法です。
また、溶接作業は手作業で行うため「半自動」とされており、作業を行う人への負担がゼロになるわけではありません。

関連リンク

はんだ付け

はんだ付けとは、「半田付け」や「ハンダ付け」とも表記され、「はんだ」と呼ばれる鉛とスズを主成分とした合金を、「はんだごて」という熱を発する機械を使用して、電気的に金属を接合する技術のことをいいます。
この技術は、基板に部品を取り付ける際に、ほぼ全ての電子機器で必要な作業となります。

関連リンク

ハンディ

ハンディとは、ハンディターミナルを略した携帯情報端末です。さまざまな業界で活用されており、飲食業界ではフロアスタッフが所持し顧客のオーダーの入力、製造・物流・小売業界では入出庫業務などのバーコードや2次元コードを利用した部品・製品管理に使用されます。

関連リンク

半導体

半導体とは、電気伝導性の良い金属などの「導体(良導体)」と電気抵抗率の大きい「絶縁体(不導体)」の中間的性質を持つ物質のことです。
またトランジスタ、ダイオードなどの素子単体や、トランジスタ等で構成される回路を集積したIC(集積回路)を総称したものを指すこともあります。

関連リンク

ハンドリフト

ハンドリフトとは貨物・荷物を積んだパレットを手動で移動させるための荷役機器の一つです。一般的にパレットに左右のフォークを差し込んで使用します。
ハンドリフトは名称が統一されておらず、パレットトラックやハンドパレットトラック、ビシャモン、キャッチパレットトラックなど、メーカーによって違います。

関連リンク

販売士

販売士とは、日本商工会議所が運営している販売士(リテールマーケティング)検定試験に合格し、豊富な商品知識や接客技術を武器に、個性化、多様化、高級化している顧客のニーズを的確に捉えニーズにあった商品を提供することともに、商品の開発や仕入、販売、物流などを効率的かつ効果的に行うことができる、「販売のプロ」を指します。
また、販売士には1~3級の3つに区分されており、各級位において期待される技能の程度は下記のようにされています。
3級:マーケティングや流通・小売業に関する基本的な考え方や基礎知識・技能の理解
2級:マーケティングやマーチャンダイジング等の流通・小売業の高度な専門知識
1級:経営に関する極めて高度な知識、また商品計画やマーケティング、経営計画の立案、財務予測等の経営管理についての適切な判断

関連リンク

汎用工作機械

汎用工作機械とは、作業者が“手動”でハンドルを回すことなどによって操作し加工していく工作機械です。汎用工作機械は広範囲の加工能力と多種の加工機能を持ちますが、作業者の熟練度やカンなどが製品の精度に大きく関わります。

関連リンク

汎用旋盤

汎用旋盤とは、主に形状が丸モノの加工を非常に得意としている、X軸とZ軸の2つの加工軸を持った手動操作の旋盤です。作業者の体力・技術力・集中力が必要になり、単品加工向きの旋盤技術です。

関連リンク

汎用フライス旋盤

汎用フライス旋盤は、ミリングマシンとも呼ばれます。
フライスという被削材料よりも硬い材質の刃物を、作業者が手動でハンドルを操作し、回転させることで、平面,曲面,溝,ねじ,歯車などを削り出します。主に複雑な加工を得意とした工作機械です。

関連リンク

PHP

Web開発においてJavaScripと並んで広く使用されているオープンソースの汎用スクリプト言語のことです。HTMLに埋め込むことができ、MySQLなどのデータベースとの連携が容易なことなどから、WordPressを含めたWebアプリケーションの開発にもよく使われる有名なスクリプト言語でもあります。
JavaScriptとPHP大きな違いはそのコードがどこで実行されるかです。
JavaScriptはクライアントサイドがコードを受け取り動作するため、どのようなコードが書かれているか誰でも閲覧できてしまいますが、PHPはサーバーサイドでコードを実行するため、どのようなコードで書かれているか閲覧されることがありません。

関連リンク

PC工法溶接技能者

PC工法溶接技能者とは、PC(プレキャスト鉄筋コンクリート)工法の接合などに関する知識の有無を証明するための日本溶接協会が認定していた民間資格です。この資格は、PC-M(被覆アーク溶接)とPC-S(半自動溶接)に区分されており、主にコンクリート組み立て建築の溶接作業の現場で活かせます。
なお、評価試験は平成29年度から取り止めています。

関連リンク

光ビームろう付

光ビームろう付とは、赤外線ろう付けとも呼ばれ、赤外線ランプやハロゲンランプ、キセノンランプの光源を反射鏡で集光し、ろう付部に照射することにより、接合をおこなうろう付け手法です。主に小型の部材接合に利用されます。

関連リンク

ビジネスマナー

ビジネスマナーとは、仕事をするうえで、様々な人間関係を円滑にし、仕事を進めるための潤滑油として必要になる礼儀作法(マナー)の総称です。
ルールや規則ではありませんが、ビジネスマナーがいい加減ですと、同僚や取引先からの信用を失うリスクがあります。

関連リンク

秘書検定

秘書検定は、秘書として必要な能力について知識及び技能を問う検定試験です。
ファイリングや郵便関係、文書の作成の事務処理、社会や経済の知識、OA機器の習熟など秘書としての業務についてのみでなく、言葉使い、電話の対応、接客マナーなどの幅広い能力が必要です。
能力によって3級、2級、準1級、1級の4つに区分され、各級位において期待される技能の程度は下記のようにされています。
3級:秘書としての基礎的知識と職場常識が問われます。
2級:3級より少し複雑な専門知識や技能、効率のよい仕事の仕方等が問われます。
準1級:物事の判断力や対応力、またこの級から筆記試験合格の後、二次試験(面接試験)があり,人柄の表現力が問われます。
1級:高度な専門知識と技能、そして先を読んでサポートするといった資質も問われます。
全級とも筆記試験は「理論」と「実技」に領域区分されており、各60%以上の正解で合格です。

関連リンク

ピッキング

倉庫内で指定された品物をピックアップしていく業務です。品物を出荷する際に欠かせない役割ですので需要が高く、日用雑貨や衣料品、電化製品、食品など、さまざまなジャンルの倉庫に配置されるお仕事です。
このお仕事は高度なスキルは必要なく、未経験でも安心して働けます。

関連リンク

ビッグデータ

ビッグデータとは、従来のデータ管理・処理ソフトウェアでの扱いが困難なほど巨大であり、種類や発生頻度・更新頻度が複雑なデータの集合を表した用語のことです。
取り巻く課題は、情報の収集、取捨選択、保管などがあり、これら課題を克服しビッグデータの傾向をつかむことでビジネスに使える発見、疾病予防犯罪防止、リアルタイムの道路交通状況判断など、これまでにないような新たな仕組みやシステムを産み出すに可能性が高まるとされています。

関連リンク

ピボットテーブル

ピボットテーブルとは、Excelなどの表計算ソフトにて利用される集計機能の一つで、クロス集計機能です。この機能を用いて作成された集計表はピボットテーブルレポートといいますが、この集計表をピボットテーブルと指すこともあります。
表内格納データの並替、合計値、平均値、総数、標準偏差等の出力ができます。

関連リンク

品質管理

品質管理とは、提供する商品・サービスの品質の向上や、不良品を生産流通させないことを目的として行う、企業の一連の活動体系のことです。品質管理を行う際には、「QC7」と呼ばれるパレート図、特性要因図、グラフ、チェックシート、ヒストグラム、散布図、層別を主に使用します。

関連リンク

品質管理検定

品質管理検定(QC検定)とは、一般財団法人日本規格協会と一般財団法人日本科学技術連盟が主催し、一般社団法人日本品質管理学会が認定する品質管理に関する知識レベルがどの程度なのか、筆記試験を行って客観的に評価・証明するものです。
この資格は、4級、3級、2級、準1級、1級の5段階となっており、準1級は1級試験の合格基準の一部を満たした受験者が認定されます。

関連リンク

歩合制

歩合制とは、勤務時間や出社時間に関係なく、個人の業績や成果、売り上げに応じて給与が支給される給与形態のことです。出来高払制やインセンティブ給制、請負給制主とも呼ばれ、主に営業やクリエイターの給与制度として広まりました。
なお、法律では「あなたが一定時間働いた場合には、その時間に合わせて給料を払わないといけない」とされているため、「完全歩合給制」は違反とされます。

関連リンク

FASS検定

FASS検定とは、経済産業省の「経理・財務サービス・スキルスタンダード普及促進モデル事業」で実証、開発された、経理・財務実務のスキルを客観的に測定するための検定試験です。
同じ経理系の資格である日商簿記に比べ、より実務的な知識が問われます。
またこの検定は合否ではなく、5段階のスコア形式で能力を判定されるため、スキル診断ツールとして多くの企業の経理部が注目しています。

関連リンク

ファッションデザイナー

数あるデザイナーの中で、服や服飾小物、ファッション分野のデザインを専門とした仕事です。ファッションデザイナーには、独立し自身のブランドを持つ「オートクチュールデザイナー」と、衣類品メーカーやアパレルメーカーに勤務し、企画やデザインを行う「企業内デザイナー」の大きく分けて2つに分類されます。
この仕事を目指すには、大学・短大の被服、服飾学科などの生活科学系学部・学科への進学や、専門学校などの養成施設で学ぶのが一般的です。

関連リンク

フォークリフト

フォークリフトは、フォークリフト・トラックとも呼ばれ、油圧を利用した昇降および傾斜が可能な荷役用のつめを車体前面に備えた荷役自動車です。
工場や物流倉庫、港や貨物ターミナルなどいろいろな所によって使われています。
人の力では持ち上げることが難しいものでも簡単に持ち上げ、運搬することができますが、安全に操作できるように能力や知識を持たなければ運転することができません。

関連リンク

フォークリフト運転技能講習

フォークリフトの免許は、4つの学科と2つの技能からなる「フォークリフト運転技能講習」を修了し、試験に合格することで取得できます。

【学科講習】
・フォークリフト本体の構造・取り扱い方法
・フォークリフトの荷役の構造・取り扱い方法
・フォークリフトの運転に必要な力学
・関係法令
【技能講習】
・フォークリフトの走行操作
・フォークリフトの荷役操作

 
関連リンク

フォークリフト運転技能講習修了証

フォークリフト運転技能講習修了証明書とは、各都道府県の労働局長が定めた登録教習機関でフォークリフト運転技能講習の修了を証明するカードです。
この免許を所持していれば、最大荷重が1トン以上になるフォークリフトの操縦ができます。

関連リンク

フォークリフトオペレーター

フォークリフトオペレーターとは、倉庫や工場、イベント会場などで、人だけの力では運ぶのに時間のかかってしまう重い荷物を、効率的に動かすためのファークリフトを運転する人を指します。
なお、フォークリフトを操作するには、労働安全衛生法によって定められている「フォークリフト運転技能講習修了証」を取得することが必要になります。

関連リンク

フォークリフト運転の業務に係る特別教育

事業者からこの教育を受けた労働者は、最大荷重1t未満のフォークリフトに限り、運転(道路交通法の道路上を走行させる運転を除く)業務が可能になります。
労働安全衛生法で定められている安全又は衛生のための特別な教育です。

関連リンク

フォークリフト免許

フォークリフト免許とは、最大積載荷重が1トン以上のフォークリフトを運転する場合に必要になる免許です。労働安全衛生法によって定められた国家資格であり、正式名称は「フォークリフト運転技能講習修了証」です。
フォークリフト運転技能講習を受講することで資格を取得できるので、比較的取るのが容易な資格です。

関連リンク

フォーマット

フォーマットには主に三つの意味があります。
一つ目は、主に事務職において使用される「書式設定」という意味です。コンピュータで作成する文書などの元となる体裁を設定することです。「元の設定」と考えるのが、無難です。
二つ目は、主にIT業界において使用される「記録設定」という意味です。OSがファイルの読み書きができるように、記録形式で設定することです。コンピュータ用語として「初期化」ともいわれます。
三つ目は、画像などのファイルの種類、つまり「ファイル形式」の意味があります。

関連リンク

Photoshop

Photoshopとは、「フォトショ」とも略される世界で最もポピュラーな、ビットマップ画像編集アプリケーションソフトウェアです。
主に写真編集(フォトレタッチ)を得意とし、さまざまなフィルタやプラグインを追加することによって、機能を拡張することができます。

関連リンク

福祉ホーム

福祉ホームとは、障害者自立支援法で市町村が実施する地域生活支援事業のひとつです。居宅で生活することが困難であったり、住居を求めている障害者を対象として、賃貸契約を結び低額な料金で居室、その他の設備や日常生活に必要なサービスを提供する施設です。
なお、常時介護や医療を必要とする状態にある人は除かれます。

関連リンク

福利厚生

福利厚生とは、企業が、労働力の確保・定着、勤労意欲の向上を目的として導入している、従業員とその家族に対して提供する各種の施策・制度です。社会保険制度と企業ごとに独自に設けている制度の二種類があります。

ブックデザイナー

ブックデザイナーとは、本を専門としたデザイナーです。「装丁家」とも呼ばれます。
本の表紙や扉、帯、ブックカバーなどさまざまなデザインを手がけます。テーマやコンセプトに沿って、手に取ってもらえるような魅力的なデザインする必要があります。
グラフィックデザイナーやイラストレーター、エディトリアルデザイナーが兼務することもあります。

関連リンク

普通自動車免許

正式名称は「普通自動車第一種運転免許」といい、乗員の定員数が10人以下、車両総重量が3,500kg未満、最大積載量が2,000kg未満の自動車や原動機付自転車、小型特殊自動車の運転が可能になる免許です。上記は2017年3月12日以降取得の場合ですが、それ以前に取得している場合は、総重量5,000kg未満、最大積載量3,000kg未満の車両の運転が可能です。

関連リンク

物流倉庫

商品が生産者から消費者に届く過程の中で、商品の保管や仕分け、流通加工、配送などの各種サービスを行う施設です。
現在ではコンピューターシステムによって効率的な仕分け、商品管理や在庫管理や配送などのサービスができています。

関連リンク

不適合品

不適合品とは、加工した部品や製品があらかじめ設定した規定の条件を満たすことができず、検査する際、規格外となった製品の呼び方です。
以前は“不良品”という呼ばれ方もしましたが、今はISO(国際標準化機構)で“不適合品”という呼び方のみが使用されています。

関連リンク

フライス盤

ミリング・マシンとも呼ばれ、主軸にフライスという刃物を取り付け回転させることで、固定された素材を削って、平面・溝・歯車などの切削加工を行う工作機械です。
また、フライス盤は以下の三つに分類されます。
主軸方向別:立形・横形・門形
移動形態別:ひざ形・ラム形・ベッド形
手動・自動型:手動フライス盤・NC(又はCNC)フライス盤
さらに、加工方法もフライス加工、穴加工、中ぐり加工と大きく分けて三種類あります。

関連リンク

ブラインドタッチ

ブラインドタッチとは、正式にはタッチタイピングといい、コンピューターを使用し文字入力をする際キーボードのキーを見ずに正しくタイピングすることです。原稿や画面のみを見てキーを打つので、非常に速く入力ができます。
現在のほとんどのキーボードには、タッチタイピングがしやすくするため、手触りでキーの位置がわかるように、人差し指の触れるFキーとJキーに突起が付いています。

関連リンク

プラグイン(拡張機能)

プラグイン(拡張機能)とは、特定のソフトやアプリケーション、CMSの機能を拡張する追加のプログラムです。主にインターネットブラウザで使用されています。
ソフトウェア本体の機能肥大化を防ぎ、ユーザーが自分のニーズに応じて、必要な機能だけを取捨選択できるなどのメリットがあります。

関連リンク

プラスチック溶接

プラスチック溶接とは、温めると軟化し、軟化状態からさらに温度を上げると溶融する熱可塑性プラスチックの性質を利用して行う溶接法です。
プラスチック溶接加工が可能なのはPC(ポリカボネート)、PET(ポリエチレンテフタレート)、PP(ポリプロピレン)、PVC(塩化ビニル)、PMMA(アクリル)、PE(ポリエチレン)であり、加工の方法には、熱風溶接法やホットジェット溶接、超音波溶接、熱板溶接などがあります。

関連リンク

プラスチック溶接技能者

プラスチック溶接技能者とは、プラスチックの素材専門の溶接技術に関する知識・技量を証明することができる資格です。
ポリ塩化ビニル板、ポリプロピレン板、ポリエチレン板の素材ごとに基本級と専門級が設定されており、試験は学科試験と実技試験を行います。

関連リンク

フラッシュ溶接

フラッシュ溶接とは、溶接継手部に大きな電流を流した際に、電気抵抗により発生する熱(ジュール熱)を利用して接合させる抵抗溶接法の一種です。溶融飛散(フラッシュ)が起こることが、名称の由来となっています。主に金属線材や棒材の溶接を得意とします。

関連リンク

プラットフォーム

プラットフォームとは、アプリケーションが動作する際に必要な土台を指し、「環境」「基盤」とも表現されます。どの対象から見るかで何がプラットフォームとされるかは異なり、IT業界の場合、ハードウェアやOS、ミドルウェア、ライブラリなどをプラットフォームとします。

関連リンク

ブランディング

ブランディングとは、類似した商品やサービスと差別化するためにシンボリックなマークやコンセプト、キャッチフレーズ、記号など、1つの要素でも特定の商品やサービスとわかるよう認知度や価値をあげて、類似する商品やサービスよりも優位に販売促進を行なえるようにするためのさまざまな活動を総称です。
市場における優位性を得られることで売上アップにつながります。

関連リンク

フリーランス

特定の団体や企業などに属さず、個人の裁量で、自らのスキルを依頼主に提供することで業務毎に仕事を受託・契約し生業としている人のことを指します。特に必要な資格などは無く、誰でもフリーランスを名乗ることが可能です。近年の働き方や社会構造の変化により、フリーランス人口は増加しています。また、企業とフリーランスの労働者をマッチングするサービスなども規模を拡大しており、業種や企業によってはフリーランスが欠かせないところもあります。プログラマーやデザイナーなど、必要とされるスキルや実績が明確であることや、ライターやジャーナリスト・カメラマンのように組織ではなく個人で動きやすい業種ではフリーランスが多く活躍しているといえます。業態的には個人事業主となるため「労働基準法」などの労働法規は適用されず、労働者としての保護が薄い代わりに、業務に対して個人の裁量が大きいのが特徴です。ただし完全に法的に保護されていないわけではなく、「下請代金支払遅延等防止法(通称:下請法)」の適用対象となる場合があります。

関連リンク

フルタイム

フルタイムとは、「常勤」とも呼ばれ、正社員と同様の所定労働時間を「全時間帯」勤務する人、またはその労働形態を指します。法律上は、「通常の労働者」とされます。
フルタイムで働く場合、厚生年金保険や健康保険などの社会保険に加入することができます。

プレス加工

「塑性加工」ともいわれるこの加工方法は、目的の形へ成形するための「金型」という工具を取り付けたプレス機械で、被加工材に大きな圧力を加えることで、素材を金型の形状に変形させるものです。
大量生産をするのに適した加工方法です。

関連リンク

ブログ

ブログとは、時系列に公開が可能なウェブサイトの一種です。ホームページが簡単に作ることができ、コメント機能やトラックバック機能などが付いているため、主に日記公開や他からの意見の交流に使用されます。

関連リンク

プログラマー

プログラマーとは「プログラム言語」を駆使してコンピューターのシステムやソフトウェアを作成するお仕事です。作業の名称をプログラミングと呼び、プログラミングをする人をプログラマーと呼びます。
「プログラム言語」にはいくつかの種類があります、すべての「プログラム言語」を使う仕事はないので、担当する「プログラム言語」でよく使うものはマスターできるように熟知しておく必要があります。また、バージョンアップで仕様が変わることがありますので注意が必要です。

関連リンク

プログラミング

プログラミングとは、コンピューターへの指示を与えるための「コンピュータプログラム」を作成することです。アプリケーションの作成やゲーム開発、業務自動化など多くの業界で必須とされている技術です。

関連リンク

プロジェクション溶接

プロジェクション溶接とは、抵抗溶接の一種です。母材の一方に突起部(プロジェクション)を設けてそこを加圧し、大電流を流すことによって生じる発熱でプロジェクションを溶かし、溶接を行います。主に板,棒,パイプ,ナット,ボルトなど相互に異なる形状のものや被溶接材の板厚が厚い場合に使用されます。

関連リンク

プロダクトデザイナー

プロダクトデザイナーとは、プロダクトを日本語で翻訳すると「製品」となります。
製品のデザインを手掛けるデザイナーのことをプロダクトデザイナーと言います。
デザインする対象は身近な生活用品から自動車や飛行機、工学機器、装飾品と多岐にわたり、工業デザイナーと呼ぶこともあります。
プロダクトデザイナーが扱うものは立体物が多く機能面、安全性、使用感など形や見かけだけデザインするだけではないため、専門知識やリサーチや探求心も必要なお仕事です。

関連リンク

フロントエンド

フロントエンドとは、Web関連サービスの開発で、実際に利用するユーザーが直接的に操作ができる機能を加えることを意味します。
例えばホームページに新しいページを追加します、トップページから直接移動できるボタンを画面上に表示させて、ユーザーが操作できるようにする機能を追加することでホームページの価値を上げる効果を行います。

関連リンク

丙種

丙種とは、甲・乙・丙と分類したときの3番目であり、危険物取扱者の甲種と乙種、丙種の内の第3種です。
乙種第4類の内、ガソリン、灯油、軽油、重油、潤滑油、引火点130度以上の第3石油類、第4石油類、植物性油類の取り扱いが可能です。また、受験資格は年齢や学歴等の制限がなく、誰でも受験することができます。

ベルトコンベア

ベルトコンベアとは、滑車により循環するベルトに物品をのせて連続的に運搬することで、人手を使わずにモノを運ぶことができる連続運搬装置です。製造業を中心とした工場内や鉱山の採掘現場で、部品移動や土砂・石炭・硬練りコンクリートの運搬をする場合に用います。

関連リンク

弁護士

弁護士とは、事件の当事者・関係人の依頼や官公署の委嘱によって、刑事事件をはじめ、不動産売買関係のトラブルや交通事故の慰謝料問題、離婚問題、相続問題など、あらゆる法律に関する問題の解決を行う職業の人を指します。弁護士を務めるには,法科大学院(ロースクール)の修了資格の取得、または予備試験を合格の後に、司法試験に合格し,司法修習を修了する必要があります。

関連リンク

ホームヘルパー1級課程

ホームヘルパー1級課程とは、所持することで介護に関する幅広い知識や技術を証明できる資格を取得するための課程です。
なお、ホームヘルパー制度は、介護職員基礎研修制度と学習内容が重複し、混在していたため20013年3月廃止され、「実務者研修」へ資格制度が改正しました。

関連リンク

ボイラー溶接工

ボイラー溶接工とは、ボイラーを使用した溶接を行う人を指します。ボイラーを扱うには高度な技術が必要となるため、労働安全衛生法に規定された国家資格の一つである「ボイラー溶接士」を取得しなければ務めることはできません。

関連リンク

貿易業務

貿易業務とは、企業が海外と取引する際、輸出入に関する業務のことです。
国内での商取引と違い、文化や商習慣の違いから商取引におけるリスクが多く、スムーズに業務を行うために社内の各部署が連携したり、多くの企業や人の協力を得て実現するお仕事です。
取引先とのコミュニケーション能力も仕事上で頻繁に行なわれるため、日本語でのコミュニケーションスキルはもちろんのこと、英語などの語学力も重要なスキルになります。

関連リンク

貿易事務

貿易事務とは、貿易を行うにあたって、必要な手続きや書類の作成を行う事務の仕事を指します。
専門性が非常に高く、取り扱う商品の専門知識はもちろんや、海外と取引をする際に取引先とのコミュニケーション業務を行うためのネイティブな語学力も必要です。
また、海外との取引の際は商習慣の違いから、さまざまなリスクが発生するため、スムーズな輸出入が実現できるよう手続きや進捗状況の確認を行う重要な職種です。

関連リンク

防火管理者

防火管理者とは、学校や病院、工場や百貨店など、不特定多数の人が集まる各種施設などで、防火管理業務の推進責任者として消防法により選任が義務付けられており、その施設に見合った消防計画を作成し、火事を未然に防ぐための管理をする人を指します。

関連リンク

包装

包装とは、輸送や保管などの際、物品の価値や状態を保護するために、物品に適した保護材を使い、さまざまな素材の箱や容器に入れて運用することです。パッケージングと言う場合もあります。
また、物品1つ1つの個装には販売促進の効果を期待した装飾を施し、個装した物品を入れた内装箱を売場でそのまま設置できる機能を取り入れた装飾、加工するメーカーも多くなってきています。

関連リンク

法務

法務とは、法・法令・法律や司法に関する事務、業務、あるいは、職務のことを指します。
契約・取引法務や組織法務、コンプライアンス法務、紛争対応法務など、その業務は多岐にわたります。国単位では、法秩序の維持や国民の権利擁護、国の利害に関する争い事の処理、出入国の公正な管理等の業務を行っています。

関連リンク

訪問介護員(ホームヘルパー)

訪問介護員(ホームヘルパー)とは、要介護者が暮らす自宅を訪問し、日常生活のサポートとしてご家族や関係者と連携して適切なサービスを提供することです。
第一号被保険者である65歳以上の方や政令で定められた特定疾病と診断された40歳以上65歳未満の方を要介護者としており、生活上のアドバイスや精神面のサポートも行い介護者自身ができることを模索して自立支援をサポートする側面もあります。

関連リンク

訪問介護計画書

訪問介護計画書とは、ケアプランの内、利用するサービスごとに、そのサービスの内容や提供手順、提供方法を利用者やその家族が明確に認識するためサービス提供責任者が作成する書類です。
訪問介護計画書の内容には主に利用者の課題、長期・短期目標や具体的な支援内容、曜日ごとのサービス内容や所要時間等が記載されています。
利用者の現状を反映して、より適切な内容に随時更新することが大切になります。

関連リンク

訪問介護事業所

訪問介護事業所とは、利用者の自宅に訪問し、身体介護や生活援助など可能な限り自宅で自立した日常生活を送るために補助する介護福祉士(ケアワーカー)や訪問介護員(ホームヘルパー)が所属する事務所です。通院等のために乗車・移送・降車の外出移動サポートを提供する事業所もあります。

関連リンク

保健師

性別や年代や健康状態を問わずひとびとの『心と体の健康』を支えていくお仕事になります。
このお仕事は看護師と保健師の国家資格が必要となります。

関連リンク

保健師国家試験

保健師国家試験とは、保健師として働くために取得する国家資格です。
看護師免許の取得、保健師養成カリキュラムを修了で受験できます。
資格を取得した後は経験を重ね、行政保健師や産業保健師、養護教諭などキャリアアップが望める資格です。性別や年代や健康状態を問わずひとびとの『心と体の健康』支えていくお仕事になります。
【試験科目】
・公衆衛生看護学
・疫学
・保健統計学
・保健医療福祉行政論
関連リンク

保険点数

保険点数とは、診療報酬点数のことであり、全国一律で定められている診療行為の個々の技術や手術や検査、薬などの保険医療サービスを点数化したものです。「医師の報酬」ではなく、医療行為を行った医療機関や薬局の医業収入です。
一点を10円で計算しており、医療の価格のみならず、医療の内容も規定しています。

関連リンク

保守

保守とは、そのままの意味としては「正常な状態を保つこと」ですが、IT業界でも根本的な意味は変わらず、点検、修理、整備などの作業を行い、正常な状態を維持することを指します。

関連リンク

ホスピタリティ

ラテン語のHospics(意味:客人などの保護)を語源で、サービス業・医療や福祉などで使われることが多い言葉です。日本ホスピタリティ推進協会では、「接客・接遇の場面だけで発揮されるものでは無く、人と人、人とモノ・社会・自然などの関わりにおいて具現化されるものである」とされています。気配りや思いやり、相手の立場に立った考え方など個人の資質による所が大きく、定型通りの決まったサービスではありません。状況に合わせた思いやりやおもてなしの精神で、相手の安心感や幸福感に繋がる対応の総称として使われます。

関連リンク