用語集(ら行)

ら行

来客応対

会社に来社される、たくさんのお客様をお迎えするお仕事の1つです。
アポイントメントのあるお客様はもちろん、予告なく来社される営業の方々、お客様にとっては最初に合う会社の人として見られるので、好印象に対応することが重要になります、対応次第では会社全体の印象を良くも悪くもしてしまいます。
会社の一員として来客対応をする際のマナーは身につけておきたいですね。

関連リンク

ライター

依頼された企画内容に対し、取材や資料を基に情報収集し、雑誌や書籍、フリーペーパー、ニュースサイト、企業のオウンドメディアなど、さまざまな媒体に掲載される記事を書くお仕事です。

関連リンク

ライン作業

ライン作業(ライン生産方式/量産方式)とは、1つの製品を効率よく大量に製造するために考えられた作業方式。
ベルトコンベヤ―などで運ばれる部品の取付けや加工作業、梱包する流れ作業のことです。多くの作業員と連携して行う作業なためチームワークが必要な作業になります。

関連リンク

ライン生産方式

ライン生産方式とは、1つの製品を大量に製造するための方法です。
作業員を、1つの流れを作るよう所定の位置についてもらい、ベルトコンベアなどで次々と流れてくる部品やパーツを組立てたり、セットをします。
食品などの場合は、1つの調理ごとに担当を分けたりして、1つの製品をたくさん生産するしくみです。同じ作業を繰り返すことで考える時間を無くしスピーディーに製品が作れます。「流れ作業」、「ライン作業」とも呼ばれます。

関連リンク

ラッシングベルト

ラッシングベルトとは、トラックや船で大量の荷物を輸送時に荷崩れを防ぐために、固定する締め付け用器具です。流通業界では「ガッチャ」とも呼ばれ幅広く使用されています。
最近はモータボートやバイクに荷崩れを防ぐ目的で個人に保有される方もいます。ベルトを通してカムと呼ばれるバックルのようなもので締め固定するので誰でも使えます。

関連リンク

ラッピング作業

ラッピング作業とは梱包や包装と異なり、贈り物などをする際に見た目を重視して商品を包むことです。
また、高度なラッピング技術を有し、季節や行事・冠婚葬祭等の贈り物に関する知識ももっているラッピングのプロとされる「ラッピングコーディネーター」という資格もあります。

関連リンク

リーチフォークリフト

リーチフォークリフトとは、前後にツメを移動させることができるため「リーチ(到達する/手を伸ばす)フォークリフト」と呼ばれます。
日本では立ったまま操作できるものが多く、容易な運搬操作を実現しました。リーチ式のフォークリフトは小回りがよいのが特長で車体も小さく、狭い場所でも活躍できます。また、排気ガスを出さないバッテリー式は倉庫での作業に最適です。

関連リンク

理学療法士

理学療法士とは、ケガや病気、身体に障害がある人、障害の発生が予測できる人達を対象として、基本となる動作を改善し、自立した日常生活がおくれるように個々に適した医学的なリハビリテーションを施し、適切なプログラムを作成します。

関連リンク

リハビリプラン

リハビリプランとは、言葉の意味合通り、リハビリテーションを行うための実施方法を含めた計画書のことです。
医師は患者さん一人ひとりに適したリハビリテーションの実施方法を計画書として作成します、リハビリ専門職に的確に目的や方法を伝えるためです。
リハビリテーションは医師の指示のもとで実施されなければいけません。

関連リンク

リピート

リピート(繰り返す)とは、来店したお客さまが接客やサービス、購入した商品に満足度を得て再度、来店してくれるお客さまのことです。
リピートしてくれたお客さんに対し、さらに満足感や充実感、来店して良かったと少しでも感じてもらえると、次から商品やサービスに愛着を持ってくれる“リピーター(優良顧客)”として来店してくれるようになります。
リピートしてくれるお客さまを増やすことは、今後の売上向上と安定化に繋がっていきます。

関連リンク

臨床経験

臨床経験とは、医療関係の現場での「経験すべて」のことを指します。
主に医療施設において、手術室やICUでの勤務やベッドの近くでの看護行為のある人、外来で採血や注射などの医療経験がある人等が対象となります。

関連リンク

ルーティン作業

ルーティン作業(ルーティンワーク)とは、決まり切った手続きや仕事のことです。ルーティン作業として、仕事を単純にルール化することで、効率がよくなり生産性も上がります。ライン作業は“ルーティン作業”として1つの完成形です。朝、会社に出社した際、メールの確認をすることも“ルーティン作業”と言えます。決まったことを続けることで前回との違いも瞬時に見ぬけたり、同じ作業を繰り返すことでスピードアップにつながります。

関連リンク

ルート営業

ルート営業とは、既存の顧客へアフターフォローをしたり、商材の現状を聞きオプションやグレードアップなど、新規商材の提案や新しい顧客開拓の情報収集など行う営業職で、広い視野と提案力が求めらる仕事です。
訪問先や顧客が決まっているので、何度も訪問して顔を覚えてもらい懇意にしていただき、顧客の要望や本音をしっかりとヒアリングすることが重要になります。

関連リンク

ルポライター

ルポライターとは、自身の主観や意見を含まず、現地で起こった社会的事件や自然災害などを関係者に取材を行なったり、実際に現場を検証して事実をありのままに文章を組立て記事を作成する人のことを指します。

関連リンク

レーザブレージング

レーザブレージングのブレージングとは溶接のロウ付け技術のことで、対象金属より低い融点の金属で接合していくため、対象金属を溶融させずに接薬剤のように行う溶接のことで、スポット溶接としてレーザーを利用し、軽量化・高剛性化効果を実現できます。

関連リンク

レーザ溶接

レーザー溶接とは、レーザ光を熱源として照射し、溶融・凝固させて接合する方法です。レーザーは振動が無い単一波長な光のため、溶接での変形が少なく、熱影響もないのが特長です。レーザー溶接には「CO2レーザ」と「YAGレーザ」があります。
よく使用されるアーク溶接に比べ、各段の熱源パワーを実現できる一方で、レーザ溶接のシステム機器が高額なため使用頻度は少なく、原子力関連機器などの特別な溶接に使用されます。

関連リンク

レイアウト

新聞・雑誌等の印刷物において、メッセージが伝わりやすいように必要な絵や図案や写真など各種の視覚的要素を効果的に配置することです。
アプリのデザインやインテリアの家具の配置など、あらゆる分野で使われる言葉です。

関連リンク

レストランサービス検定

「レストランサービス技能検定」は飲食サービスに関する技能の程度を証明するため資格です。料飲サービスに関する資格としては唯一の国家資格でもあります。
1級、2級、3級の区別があり、下記の実務経験に応じて各級を受検できます。

1級:実務経験が11年以上、または2級合格後4年以上。
2級:実務経験が3年以上、または3級合格後2年以上。
3級:実務経験が1年以上。
なお、各種教育機関で料飲サービスに関する学科を修了している場合は実務経験の年数が異なります。

関連リンク

レセプト

レセプトとは、保険診療の内容にそって、保険者に医療機関が請求する明細書です。医療や歯科などでは「診療報酬明細書」薬局では「調剤報酬明細書」と呼ばれ方も変わります。
医療保険は、一部又は全部を保険者が給付する仕組みの保険のため、医療機関の受診で発生した患者が払わなくてよい医療費を保険者に支払ってもらうためにレセプトが重要な役割をはたします。

関連リンク

労使協定

労使協定とは、労働環境や規則にまつわる取決めを、労働者と企業(雇用者)間で契約する協定です。種類も多く、文書で締結することを法律に記載しています。
時間外や休日の労働に関する「36協定」は認知度の高い労使協定の1つです。「労働基準法」に基づいた協定は社員が目で見える形での周知が必須項目です。適用範囲を定めていない場合は、協定を結んだ会社の全労働者に適用されます。

老人福祉法

老人の福祉に関する原理を明らかにした法律です。
老人の心身の健康を保持するため、また、生活を安定させるために必要な措置について定められおり、老人の福祉を図ることを目的とし制定されました。
また老人には,知識と経験を活かし、みずから社会的活動に参加するように努めることが定められています。

関連リンク

ろう接

ろう付けとも言われる溶接の手法の一つです。母材を溶かすことなく、熱した溶加材を接合面の合間に行き渡らせることで接合します。これは材料同士の融点の違いを利用し、毛細管現象によって溶着させる工法です。このため精度の高い接合が可能で、また材料を溶け合わせる必要がないので、異種材料間での接合が可能になります。また、ろう剤の再加熱を行うことで接合部を切り離すことができます。溶加材の行き渡りやすさは「ぬれ性」と表現され、材質や溶加材(ろう材が一般的)の種類によって異なります。ろう接の際には母材表面の酸化被膜の除去が重要であり、この除去方法は下記の2種類に大別されます。
・フラックスろう付け
・雰囲気ろう付け(制御ろう付け)
ハンダ付けと同じ工法であり、名称の差は使用するろう材の融点が450℃以上か未満かで分けられています。

関連リンク

労働基準法

憲法27条の「労働権」の規定に基づき、統一的な労働者のための保護法として全13章で1947年に制定されました。通称労基法と呼ばれています。社会や時代の背景に合わせて何度も改正されています。使用者と労働者が対等な関係で契約を結べるよう、労働条件の最低基準を定めた法律です。この最低基準は国内すべての事業に適用され、職種や国籍を問わず全ての事業者が遵守しなくてはなりません。外国人労働者にも適用されます。最低基準を下回る労働契約については全て無効となり、労働基準法の条件が無条件で適用されます。

関連リンク

労働局長登録教習機関

労働局長登録教習機関とは、各都道府県にあり、厚生労働省から登録を受け、都道府県労働局長より登録された施設や機関のことです。
クレーンや特殊自動車などの建設機械の操作や運転を行うために学科、実技・技能の講習が学べ、免許や資格を発行することができる機関の総称です。

関連リンク

労働契約

働き方が多様化し、個別の労働関連紛争が増した経緯もあり、労使関係を良好なものとするために基本ルールを規定し契約することです。
労働者と企業(雇用者)の間で労働をするうえで安心して働けるための適性な労働条件や雇用側の一方的な雇止めを防止するため労働契約法が施行されました。

関連リンク

労務管理

労務管理とは「労働者・人材の有効活用」です。
主に労働者の募集・採用や教育訓練、配置・異動、給与、労働時間、安全衛生、福利厚生計算等のさまざまな「ヒト」に関わる物事を適正に管理する仕事です。

路線バス

路線バスとは、各地域にそれぞれ別々の路線バスが走っており、時刻表通りに決められた運賃で定められた道を走るバスのことです。不特定多数の乗客を乗せることから、別の言い方で乗合バスとも呼ばれます。
日本では、一般乗合旅客自動車運送事業の免許が必要になりますが、無償乗合バス事業や特定旅客バス事業、企業が所有する自家用バス、市町村で運行されるスクールバスなどは路線バスではありません。

関連リンク

ロボット溶接

溶接は、高熱や有害な紫外線を発し、ヒュームと言われる金属蒸気の凝集物を吸入してしまう職業病など危険性も高く、過酷な労働とも言えるため、産業用ロボットの導入が進められてきました。
今ではスポット溶接だけでなくアーク溶接からレーザー溶接と多くのロボット溶接が行われるようになりました。

関連リンク