用語集(や行)

や行

夜間手当

夜間手当とは、雇用主の意思で支払いをするか、支払いをしないか自由に決めらる手当です。法律的に労働者へ支払い義務は発生しません。金額設定や対象となる時間帯も会社が任意で決めてよい手当です。会社によっては基本給に含まれ、給与明細には記載していない場合があります。
「深夜割増賃金」は22時から翌5時までの間に働いた場合には通常の時間給に25%以上プラスした金額を支給することを「労働基準法」で定められた法律です。

UI

UIとは「ユーザーインターフェイス」の略です。
ユーザーの「接点、接触面(Interface)」のことで、ユーザーが目で見れる所や使用する部分全般を意味します。
ホームページを制作する際、パソコンやスマートフォンの画面に表示されるデザインなど、製品であれば見た目や使い勝手など全ての情報のことです。実際の総合的な操作感の良し悪しを客観的に確認し、悪い部分があれば改善します。

関連リンク

UI/UXデザイナー

UI/UXデザイナーとは、ホームページを制作するうえで重要な役割を持つ職種のことです。
「UIデザイナー」は「ユーザーインタフェースを作るデザイナー」のことでユーザーがサイト上でやり取りをする際の入力や表示方法の仕組みに関することを設計構築します。
「UXデザイナー」は「ユーザーエクスペリエンスを作るデザイナー」のことでユーザーが製品やサービスを使った際に得る体験に関することで、ユーザーへインタビューしたり、マーケティングやサイト解析を行いながら、サービス全体の設計構築を行います。
どちらもユーザーに快適なホームページを作ることを目的とします。

関連リンク

UX

UXとは「ユーザーエクスペリエンス」の略で「ユーザーが特定の製品やサービスを通じて得られる体験」の意味です。ユーザーが使用するうえで製品・サービスを向上させることを目的とします。
市場の変化、テクノロジーの進歩によりユーザーへの動機づけや意識づけの手法は細分化され、以前のマーケティング理論は通用すない時代となりました。
製品の「ニーズ」のある対象へのアプローチから製品の「価値」を明確化し提供することで顧客へ発信できるしくみができました。

関連リンク

ユーザビリティ

ユーザビリティとは、use (使う) と able (できる)が合体した“使いやすさ”という意味の英語です。
統一した規格、評価基準がないため、合意された定義はありません。
特定の人が特定の製品を使用した際のデザイン性や利便性、特定の人がホームページや、アプリケーションを操作する際の使用感の良さを表す言葉として使われています。
国際規格「ISO 9241-11」によるとユーザビリティの定義として、特定の利用状況のもと、特定のユーザーが用いた際の有用性、効率、使用満足度の度合いです。

融接

溶融溶接の略で、溶接の中でも最も一般的な手法です。母材を部分的に高温へ加熱・溶解して、被溶接材同士を融合させた溶融金属を作り、冷却とともに接着部分を凝固させることで接合させます。材料の形状に自由度があり、精密な溶接が可能なため、融接の手法次第では自動車や航空機の部品製作にも対応ができます。非溶接材同士の融接だけでなく、溶接棒などの溶加材を加えて接合の補助をする場合もあります。大気中で融接を行うと、酸化や窒化によりを接合部の特性劣化が起こる可能性があるため、不活性ガスの吹付けやフラックスの塗布などで接合部を大気から遮断する方法があります。融接に分類される代表的な工法としては以下が挙げられます。

・アーク溶接
・被覆アーク溶接
・TIG溶接
・ガスシールドアーク溶接
・サブマージアーク溶接
・セルフシールドアーク溶接
・スタッド溶接
・エレクトロガスアーク溶接
・高エネルギービーム溶接
・抵抗溶接
・超音波溶接

 
関連リンク

油圧

鉱物油などの油を配管に流して油の圧力をエネルギーとするシステムです。主に、ブルドーザや油圧ショベル、クレーンなどの建設機械を駆動させる際に使用します。圧力駆動システムには、油の他に空気や電気、水・グリセリンを使用したシステムがあります。

関連リンク

輸送用機械器具

国際的産業分類で輸送用機械とは、自動車や鉄道車両、船舶、航空機等のことで輸送用機械器具はそれらを生産する上で欠かすことができいないユニットやパーツ、部品の総称になります。今は自動車1台を作るにしてもボンネットのみを作る会社、シートのみを作る会社とパーツ毎に制作する会社が異なります。様々な会社で作られた製品が1つになることで自動車はできあがります。

誘導加熱ろう付

誘導加熱ろう付とは、電磁誘導を利用して加熱して、接合する部材よりも融点の低い合金をとかし接合する溶接方法の1つです。
溶接方法としてのメリットは作業者によるバラつきが少ないことです。他のろう付け溶接だと熟練した技術が必要になります。
コイルの設計と出力制御を適切にすることで再現性のあるろう付け作業が行えます。
この特性を活かして製品として身近にあるものとしてIH炊飯器や電磁調理器があります。

関連リンク

要介護者

要介護者とは、介護保険申請後、各市区町村の職員が訪問しヒアリングで判別する一次判定と医師の意見書をもとにした二次判定により、介護を必要と判定された「第一号被保険者」の65歳以上の人、もしくは40歳から65歳未満の人で、政令が定めた特定疾病により身体や精神に障害を持つと認められた人です。

関連リンク

溶接

2つ以上の部材を接合するため、炎や電気、ガス、圧力とさまざまなエネルギーを用いて1つに合致させる製作工法です。
技術的には古くから行なわれていた工法で、日本では弥生時代に作られた銅鐸に溶接に似た痕跡があったことが知られています。
様々な方式があり、技術的には高度なものから職業訓練で身に付くものがあり、溶接の種類ごとに資格があります。

関連リンク

溶接管理技術者

一般社団法人日本溶接協会の定めた規格に則って発行される資格を所持する技術者のことです。特別級・1級・2級に分類されており、溶接作業の関係者には工事の分野を問わず、取得することが推奨されています。溶接に関する専門的な知識・技術を活用し、現場作業の施工や管理を行います。民間資格ではありますが、工場認定や、官公庁から発注される工事を請け負う際には、本資格取得者の保有または常駐が必須となっているため、建築・建設業界において常にニーズのある資格と言えます。また、ISO14731に基づいた試験であるため、活躍の場は海外に広がる可能性もあります。資格の等級による違いは以下になります。
・2級:基礎的な溶接作業および関連業務についての監督と指導、現場管理、施工記録書の作成。
 筆記試験(60%以上獲得)と口述試験。また、学歴に応じた所定の職務経験必須。
・1級:2級業務に加え、特定の技術に基づく施工・管理などの専門職務を担当可能。
 筆記試験(70%以上獲得)と口述試験。
・特別級:2級・1級業務に加え、溶接全般における監督・計画の立案・品質管理を包括・統括的に担当可能。
 筆記試験1(70%以上獲得)、筆記試験2(同70%)と口述試験。

関連リンク

溶接技能者資格

溶接によって作製された構造物の品質を保証する目的で制定された規格に基づいた国家資格、および同様の規格に基づいて一般社団法人日本溶接協会が溶接作業従事者向けに設置した民間資格のことです。溶接する対象や素材の種類によって資格自体が細かく設定されており、専門性が高いものとなっています。資格がなければ該当の作業ができないわけではありませんが、各種溶接方法に対して、自分のスキルが対応していることの証明になります。日本溶接協会の定める資格は適用される法規・発注仕様書などにより現場で要求される場合があります。また技能資格の維持を証明する方法としては、「業務従事証明」によって要求される次項を満たすかをチェックするか、再評価試験に合格することで、所有する技能証明書の有効期限に付け足すなどの方法があります。
日本溶接業界が認定する技能資格の種類は以下になります。

・アーク溶接
・ガス溶接
・半自動溶接
・ステンレス鋼溶接
・チタン溶接
・プラスチック溶接
・銀ろう付け
・すみ肉溶接
・基礎杭溶接
・石油工業溶接

 
関連リンク

溶接作業指導者

溶接作業指導者とは、溶接の実作業で総括的な計画や管理をして作業順序や溶接条件、安全面を作業現場で的確に指示をしたり、指導者として技術職の育成を行ないます。
この資格は3年間の有効期限があり、継続するためには3年毎の書類審査や9年目に再認証申請を行う必要があります。

関連リンク

溶接方法

溶接とは“電気”、“ガス”、“レーザー”、“光”、“超音波”などを利用して2つ以上の部材を接合することです。
溶接には「融接」「圧接」「ろう接」と3つに大別でき「アーク溶接」は「融接」の種類に含まれます。更に「ティグ溶接」は「アーク溶接」という手溶接の中で分類される1つの溶接方法となります。
溶接方法とは、細かく分類した具体的な溶接の種類・やり方のことを言います。

関連リンク

溶接焼け

溶接焼けとは、多くはステンレス鋼や炭素鋼の溶接部が黒くなることです。
一般的にステンレス鋼は錆びにくい金属ですが、溶接時の熱により溶接焼けを起こすことがあります。そのままの状態だと使用環境によっては腐食を伴った事故につながります。
溶接焼けは“スケール”とも言われスケール除去をするための商品や機器が多く販売されています。見た目の問題だけでなく適切な溶接焼けの除去作業をすることが重要です。

関連リンク