【物流のお仕事】群馬県のフォークリフトのお仕事解説!

フォークリフトと言えば重さのある荷物を運ぶのに役立つ特殊車両ですが、運転する人のことを「フォークリフト運転士」と呼びます。中には、荷物の移動や上げ下げなどの操作が難しそうと思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、フォークリフト運転士は未経験からでも目指すことができる職種であり、群馬県内でもフォークリフト運転士として活躍している人が多くいらっしゃいます。では、具体的にどのような仕事を任されるのでしょうか?
今回は、仕事内容や群馬県内での平均的な給料、未経験からでも活躍できるフォークリフトのお仕事について解説します。

【フォークリフトのお仕事内容】

基本的には企業が所有する工場や倉庫などで、フォークリフトを使って大きさや重量のある荷物を搬出したり仕分け作業を行うのが主なお仕事です。その中でも準備・運搬・整備とフォークリフトに関わる作業は分類されます。

・運搬準備

まずは、荷物をスムーズに運ぶための準備を行います。荷物の外形寸法に合わせてパレット(荷台)をを用意しそこに運びたい荷物を乗せます。パレットの底面はフォークリフトのフォーク(爪)部分が入る設計となっており、その穴にフォークをしっかり差し込むことで安定した荷物の運搬ができます。また、荷物を運んでいる時に崩れてしまわないよう、荷物はしっかりと透明なフィルムなどで梱包し、運搬中に崩れたりバラバラにならないように準備しておくことも大切な作業です。

・荷物の積み込み・移動・降ろし作業

商品の搬出や出荷作業時には、工場や倉庫から該当の荷物をトラックの荷台に積み込まなくてはなりません。小さな荷物から大きな荷物まで、フォークが上下動するフォークリフト特有の機構を使用して効率良く作業を進めることができます。工場・倉庫内に在庫商品を保管しておく場合、仕分け作業で荷物を移動することも多いです。作業がしやすいようにスペースを作る時や、別の場所に荷物をとりあえず移動する時にもフォークリフトは小回りが効くため活躍します。トラックで運ばれてきた荷物を降ろす時にも、スピーディな荷降ろしが可能です。人の手で行うには労力と時間がかかってしまうため、荷物の積み込みにはフォークリフトが欠かせない現場が多く存在します。

・フォークリフトの整備

フォークリフトは座って操作可能なカウンターバランス型、立って乗るタイプのリーチ型、人が並行して歩きながら操作するウォーキー型という3つの種類があります。
現場によって使用しているフォークリフトは異なりますが、正常に動くようチェーン部分の注油やフォーク部分にガタつきがないかなどの点検・整備も重要な仕事です。重いものを運搬するのがフォークリフトですので、車輌の異常は大事故に繋がりかねません。

【フォークリフトの仕事の魅力・メリット】

・効率的な作業感覚が習得できる

大きな荷物を扱うことが多い現場では、いかに効率良く荷物を運ぶかがポイントになってきます。できるだけ短くスムーズに運搬・移動できるよう考えながら仕事に取り組むので、自然と効率的な作業感覚を身に付けられるでしょう。

やりがいが大きい

フォークリフトは、車の運転免許証があればどのような人でも運転・操作できるわけではありません。荷物を安全に丁寧に運搬するためには、しっかりとした技術力が必要です。運転や操作技術だけでなく、短時間で正確に運んだり段取り良く作業したりできるようになれば、その分やりがいを感じられるでしょう。

3.性別・年齢を問わず活躍できる

基本的に運転・操作する仕事になるので、重い荷物を運ぶための力が必要になるわけではありません。そのため、体力に自信のない女性や中高年の人でも活躍できる点もこのお仕事の魅力の一つです。

【フォークリフトが必要とされる業界】

フォークリフトは工場の敷地内で資材や製品などの運搬を一手に引き受けるため、お仕事の場は数多くあります。一例ではありますがどんな業界で活躍しているかを挙げてみます。

・物流業界

物流業界では、商品を効率良く届けなくてはなりません。荷物を傷付けたり梱包を崩したりしてしまうと、出荷・輸送に余計な時間がかかってしまいますし、物流センターなどで大量の商品をトラックに積み込むのに人力では限界があります。物流業界ではフォークリフトは欠かせない役割を担っています。

・自動車業界

自動車の製造工場では、大小様々な部品を組み立てる作業を行うため、それぞれの荷物に合わせて適切に梱包し工場内で運搬しなければなりません。工場内や工場間で部品をやり取りする機会も多いので、迅速な作業を維持するためにも必要不可欠です。

・鉄鋼業界

鉄鋼関連の製造工場でもフォークリフトは大活躍します。僅かなサイズでも金属の資材は非常に重くなるため、人の手で運搬することは困難かつ危険です。このため工場内での資材の運搬は基本的には全てフォークリフトか、クレーンの付いたトラックなどでまとめて行われています。

他にも、フォークリフト運転士は人の手では運べない荷物を扱う様々な業界で必要とされています。群馬県は流通の利便性を活かして多くの工場があるため、仕事が見つかりやすいです。
例えば太田市には大手自動車メーカーの工場、高崎市には食料品製造工場が多く見られます。群馬県内の工場数は、平成29年時点で4,763事業所が存在しています。事業所は基本的に工場や製造所など、製造・加工を担う場所全てを指しているため、中にはフォークリフトのお仕事がない場所もありますが、多くの工場が集まっていることが分かります。群馬県でお仕事を探すなら、様々な業界からも需要が高いフォークリフト運転士を選んでみましょう。

【ジョブティで群馬県のフォークリフトのお仕事を探す!】

【他の地域でフォークリフトのお仕事を探す!】

 

【フォークリフトのお仕事の給料】

・時給
フォークリフトは誰もが運転・操作できるものではないので、時給は平均でも約1,200円と高めに設定されています。群馬県の最低賃金は時間額で835円なので、大きく差が開いていることが分かります。特に工場や倉庫内での軽作業としては時給が高めで、アルバイトや派遣だけでなく、正社員登用も有りなど様々な求人が見つかります。
・月給
雇用形態にもよりますが、月給は平均18万円以上はあるようです。遅番や夜勤がある場合はその分手当が付くこともあるでしょう。上記でもご紹介したように群馬県でフォークリフト運転士は多くの業界で活躍でき、資格の需要も高いため平均よりも高い月給が得られやすいと考えられます。群馬県内のフォークリフト求人の中には20万円台後半の高月給な求人もあるようです。
・賞与・ボーナス
企業によって違いはありますが、正社員として活躍する場合は賞与・ボーナスが出るため、安定した働き方ができます。時給や月給にもよりますが、賞与・ボーナスは年2回としている求人が多いです。
・平均年収
平均年収は雇用形態によって異なり、200万円~350万円です。勤続年数や資格手当、ボーナスの有無によっては年収400万円も目指せます。

【フォークリフトのお仕事に必要な資格】

フォークリフトは、最大荷重が1t未満であれば普通運転免許証を持っていれば特別教育のみで運転・操作が可能です。一方で、最大荷重1t以上を扱う場合は技能講習を受ける必要があり、国家資格を取得しなくてはなりません。

・フォークリフト運転技能者(国家資格)

最大35時間の技能講習を受け、修了試験に合格すれば取得できる資格です。
「フォークリフト運転技能講習」を修了した証明となるカード状の証明書を「フォークリフト免許」と呼びます。扱う荷物の重さで2種類の修了証があります。
・1t以下の場合は、都道府県労働局長公認の事業者で取得できる修了証明証。
・重さが1t以上の場合、安全衛生法に基づく技能講習の受講が義務付けられた修了証明証
がそれぞれあります。工場系の資格は作業が連係するため、同じ工場系の資格を持っていると他の免許を取得する際に試験科目が免除されることがあります。所持している免許によってフォークリフトの講習時間も変わってきます。

・特殊免許

シチュエーションとしては多くありませんが、フォークリフトで公道を走行する必要がある場合、フォークリフトの大きさに合わせた小型ないしは大型特殊免許が必要となります。これら特殊免許も持っていると、仕事面で幅広い活躍につながるでしょう。

【フォークリフトの仕事に向いている人】

・運転が好きな人

現場によっては、業務時間のほとんどがフォークリフトでの運搬作業となるケースも見られます。運転が好きな人であれば、長時間の運転を苦に感じることなく続けられるでしょう。フォークリフトで作業している間は意味なく静止している時間はほとんどありませんので、時間はあっという間に経過してしまうのではないでしょうか。

・安全を重視できる人

人の手では運べない重い荷物を安全に運搬するのが仕事なので、安全第一が大原則です。業務のスピード感は重要ですが、それ以上に運転時の周囲確認や運搬先の従業員との連携など、作業中の安全を常に意識できる人は事故も起こしにくく、スムーズに業務が行えるでしょう。

・技術の習得に前向きな人

フォークリフト運転士にとって、安全かつ正確に荷物を運ぶことが仕事をする上で重要です。その点に気をつけながら経験を積んで操作に慣れることで、フォークリフトの操作技術の向上に繋がります。操作が上手くなっていくのが楽しいと感じられる、前向きな方に向いています。

【未経験からフォークリフト運転士を目指す方法】

フォークリフト運転士は、未経験でも活躍を目指せるお仕事です。群馬県内でも求人が多いので、特別講習の受講や資格を取得し、専門知識や運転・操作技術を身に付ければ、採用される確率も上がるでしょう。群馬県内で資格を取得するなら自動車教習所以外に大型特殊自動車免許を取得できる施設もありますので、フォークリフト以外の特殊車両の操作技術も身に付けてのキャリアアップを検討している方はそちらも利用してみましょう。

【フォークリフト運転士に受かりやすい志望動機】

履歴書欄や面接では、ほとんどの企業で志望動機を聞かれます。フォークリフト運転士として活躍したいなら、操作技術の習得に前向きなこと、向上心を持って仕事に取り組めることなどをまずアピールしましょう。フォークリフトが使われる作業現場では事故や危険が隣り合わせのため、周囲の従業員と連携を意識した業務がしたいなど、これからの仕事を想定した上での動機も話せると良いでしょう。

【フォークリフト運転技能者などの資格を取得した方がいいわけ】

面接の時に聞いてみたり、実際に現場で働いてみたりしない限り、就業先でどの種類のフォークリフトが使用されているのかは分かりません。お仕事の現場では最大荷重1t以上のフォークリフトを扱っているケースも多いため、フォークリフト運転士を目指すなら、あらかじめ1t以上も扱える資格を取得しておいた方が安心です。働く場所によっては資格手当が付与される場合もあります。

【まとめ】

今回は、群馬県でのフォークリフトのお仕事に関する様々な情報をお伝えしてきました。フォークリフト運転士は、たとえ未経験でもやる気を持って専門知識を身に付ければ多くの現場で働くことができる職種です。群馬県内でも求人が多く、なおかつ給料も群馬県の最低賃金よりも比較的高いため、転職を考えている方にも適しています。
興味がある方は、ぜひ資格を取得し、フォークリフトの求人に応募してみてはいかがでしょうか。

【ジョブティで群馬県のフォークリフトのお仕事を探す!】

【他の地域でフォークリフトのお仕事を探す!】