ドライバー / 物流

ドライバーといっても様々な種類があります。物流で活躍する運送ドライバー、お客様を目的地まで運ぶバスやタクシーのドライバー、購入された商品を運ぶ宅配ドライバーなど、ドライバーの仕事内容は運転する車や所属する会社によって業務内容が異なります。

ドライバーってどんな仕事?

運送ドライバーは、トラックの大きさによって中型自動車免許や、大型自動車免許が必要です。荷物を届ける時間も決まっているので安全運転を心がけることはもちろん、運転技術や時間配分にも気を配り、神経をすり減らす仕事です。
また、トラックといえば長距離トラックを長時間運転する仕事を連想する方が多いかもしれませんが、現在では休憩をきちんと取ることが義務付けられており、トラック協会からの指導のもと多くの運送会社が順守しています。

バス、タクシーなどの運転ドライバーや、宅配ドライバーは配送先で直にお礼を言われるなど、やりがいを感じやすい職種ですが、半面、悪質なお客様とのトラブルも少なくありません。
タクシーの場合は第二種運転免許、バスの場合は大型二種免許の取得がそれぞれ必要です。バスドライバーは路線の変更がなければ、基本的に同じ道を走る仕事ですが、乗客を乗せて走りますので責任は重大です。生まれ育った地域や思い入れがある場所で働きたい人にはバスドライバーに向いています。

ご希望の都道府県を選択してください

新着のお仕事

新着求人

新着求人をもっと見る
お役立ち情報

フリーダイヤル

0800-222-6888 受付時間 / 9:00~18:00(平日)
1分で
登録完了できます!